メインメニューを開く

応其寺

応其寺應其寺、おうごじ)は、和歌山県橋本市橋本にある高野山真言宗寺院。山号を中興山、本尊は救世観世音菩薩、開基は同地を開発した僧侶、木食応其である。

応其寺
Ogoji01.jpg
山門
所在地 和歌山県橋本市橋本二丁目3番地4号
位置 北緯34度19分00.00秒
東経135度36分47.37秒
座標: 北緯34度19分00.00秒 東経135度36分47.37秒
山号 中興山
宗派 高野山真言宗
本尊 救世観世音菩薩
創建年 天正15年(1587年)
開基 木食応其
法人番号 7170005004659
テンプレートを表示

目次

歴史編集

紀伊続風土記二によれば、橋本町は応其が秀吉から古佐田村の一部を免許地として与えられ、開いたのが始まりとされている。また、興山上人橋本開基縁起によれば、天正15年(1587年)紀の川に長さ130間の橋を架け、これが「橋本」の地名の由来となったという。その中心にあったのが応其寺で、その前身は惣福寺であったといわれている。寺宝として、豊臣秀吉から送られた唐子織袈裟や応其書状等の古文書・古記録類を所蔵している。本尊である救世観音の脇侍として安置される応其上人像は、天正18年(1590年)に町民らが寄進したものである。

応其寺は橋本町の火災により、何度か火災にあっている。現在の本堂は三間堂で、宝永4年(1707年)の応其上人100回忌に合わせて本堂再建の動きが確認でき、おそらくそのころに建立されたものと考えられる。また、現在の表門は四脚門で、棟札から応其上人250回忌にあたる安政4年(1857年)に建立されたことがわかる。

交通編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集