メインメニューを開く

公益財団法人応用科学研究所(おうようかがくけんきゅうしょ、英称:Research Institute for Applied Sciences、略称:RIAS)は、京都市左京区にある研究所電気冶金物理及び応用化学に関する総合研究及び調査を行っている。1917年大正6年)に京都帝国大学青柳栄司教授が、電灯照明に関する研究を主目的に財団法人青柳研究所として設立した。1939年昭和14年)に財団法人応用科学研究所として改組され、京都帝国大学の鳥養利三郎教授が理事長に就任し、研究課題を高周波電流の応用による鉄鋼加熱及び半導体の研究に転換した。

公益財団法人応用科学研究所
正式名称 公益財団法人応用科学研究所
英語名称 Research Institute for Applied Sciences
略称 RIAS
組織形態 公益財団法人
所在地 日本の旗 日本
606-8202
京都市左京区田中大堰町49
法人番号 7130005012418 ウィキデータを編集
理事長 西川禕一
活動領域 電気工学冶金学物理学応用化学
設立年月日 1917年11月8日
前身 財団法人青柳研究所
設立者 青柳栄司
公式サイト 公益財団法人応用科学研究所
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1917年11月 - 財団法人青柳研究所として設立[1]
  • 1939年11月 - 財団法人応用科学研究所として改組[2]
  • 2011年4月 - 公益法人に移行

組織編集

主要研究実績編集

[3]

脚注編集

外部リンク編集