メインメニューを開く
応県木塔(仏宮寺釈迦塔)

応県木塔(YingxianMuta、おうけんもくとう)は、中国代の1056年清寧2年)に山西省朔州市応県北西の仏宮寺境内に造立された木造の仏塔(仏宮寺釈迦塔)である、世界で最大最古の八角木塔。旧字表記では、應縣木塔

目次

概要編集

 
応県木塔(仏宮寺釈迦塔)

高さ67m、径30mで、外観は5層であるが、内部は9層の八角塔である。遼朝の第7代皇帝である興宗の外戚、蕭孝穆が建立した。塔が完成したのは、造立が始まった1056年から140年後であったとされる。

1層目には、高さ11mの釈迦如来座像を祀る。

また、1982年に、塔内の像の中から、遼代の大蔵経の一部(12巻)などの木版印刷物が発見された。

1961年に国務院から全国重点文物保護単位に指定されている[1][2]

ギャラリー編集

参考文献編集

  • 中純夫「応県木塔所出「契丹蔵経」と房山石経遼金刻経」(『中国仏教石経の研究:房山雲居寺石経を中心に』、1996年)ISBN 4-876-98031-4
  • 朴亨國「中国山西省応県仏宮寺釈迦塔(応県木塔)の塑像群について:その制作年代および造像思想を中心に」(『名古屋大学古川総合研究資料館報告』14号、1998年)
  • 陳明達編著『応県木塔』第2版(文物出版社、2001年)ISBN 7501013055 - 現代中国語文献

脚注編集