メインメニューを開く

忠津陽子

忠津 陽子(ただつ ようこ、1949年1月25日 - )は、日本漫画家北海道札幌市出身。代表作は『週刊マーガレット』に連載されテレビドラマ化もされた「美人はいかが?」。

忠津 陽子
本名 忠津 陽子
生誕 1949年1月25日
北海道
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1967年 - 現在
ジャンル 少女漫画
代表作美人はいかが?』 他
テンプレートを表示

目次

来歴編集

石森章太郎水野英子に影響を受け漫画を描き始める。1967年、「夏の日のコーラ」(『別冊マーガレット』、集英社)にてデビュー[1]。その後上京し、同郷の1年先輩である大和和紀とアパートで半同居しながら代表作となる「美人はいかが?」を執筆。以降、1970年代頃まで、『別冊マーガレット』や『週刊マーガレット』(集英社)を中心に作品を発表する。

1980年代からは漫画家として目立った活動はしていなかったが、2012年、「フィアンセがいるのに」を発表以降、ハーレクイン小説のコミカライズで再び活動している。

作品編集

単行本編集

  • あつまれ青春(1970年、マーガレットコミックス集英社、全1巻)
  • バイバイB・Fどの!(1971年、マーガレットコミックス、集英社、全1巻)
  • 美人はいかが?(1971年、マーガレットコミックス、集英社、全4巻)
  • お金ためます!(1972年、マーガレットコミックス、集英社、全2巻)
  • ミリーただいま参上!(1973年、マーガレットコミックス、集英社、全1巻)
  • ハロー!王子さま(1975年、マーガレットコミックス、集英社、全2巻)
  • とびだせ!お嬢さん(1975年、花とゆめコミックス白泉社、全1巻)
  • 恋のフーガ(1976年、プリンセスコミックス、秋田書店、全1巻)
  • ロザリンドの肖像(1976年、花とゆめコミックス、白泉社、全1巻)
  • 結婚の条件(1977年、花とゆめコミックス、白泉社、全4巻)
  • 満月城へようこそ(1977年、スターコミックス、大都社、全1巻)
  • ランドルフの花嫁(1977年、花とゆめコミックス、白泉社、全1巻)
  • セシルの場合は…!?(1977年、マーガレットレインボーコミックス、創美社、全1巻)
  • 三月の庭から(1978年、花とゆめコミックス、白泉社、全1巻)
  • エルベの王冠(1979年、花とゆめコミックス、白泉社、全1巻)
  • どちらが恋のおじゃま虫(1982年、ひとみコミックス、秋田書店、全1巻)
  • 冬恋物語(1996年、秋田コミックスエレガンス、秋田書店、全1巻)
  • フィアンセがいるのに(2012年、原作:ジェシカ・スティール、ハーレクインコミック、全1巻)
  • 優しい嘘(2013年、原作:リズ・フィールディング、ハーレクインコミック、全1巻)
  • 燃えつきた絆(2014年、原作:ビバリー・バートン、ハーレクインコミック、全1巻)
  • あなたの頬にキスを(2015年、原作:マーナ・テンティ、ハーレクインコミック、全1巻)

 マーガレットコミックス(集英社)から刊行されたものの中には、花とゆめコミックス(白泉社)から再度刊行されている作品がある。

イラスト詩集編集

  • ようこそ愛(1976年、チェリッシュブック、白泉社)

挿絵編集

ゲーム編集

  • ソーン物語(Andoroid用ゲーム、TI-SYSTEM、キャラクターデザイン)

脚注編集

  1. ^ 2000年3月発行『まんだらけZENBU』(まんだらけ出版部)No.6、158ページより。

外部リンク編集