メインメニューを開く

忠臣蔵 花の巻・雪の巻

1962年の映画。稲垣浩監督

忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(ちゅうしんぐら はなのまき・ゆきのまき)は、これまで同名の映画として二本製作されている。1954年松竹が製作した作品と1962年東宝が製作した作品があり、双方で八代目松本幸四郎大石内蔵助を演じているが、それ以外は全く異なる脚本でスタッフ・キャストも違う。

目次

1954年松竹製作編集

忠臣蔵 花の巻・雪の巻
 
監督 大曾根辰夫
脚本 村上元三
依田義賢
大曾根辰夫
製作 大谷隆三
高村潔
製作総指揮 大谷竹次郎
出演者 松本幸四郎
高田浩吉
鶴田浩二
滝沢修
山田五十鈴
淡島千景
坂東鶴之助
音楽 鈴木静一
撮影 石本英雄
編集 相良久
製作会社 松竹
配給 松竹
公開   1954年10月17日
上映時間 188分
製作国   日本
言語 日本語
配給収入 2億9064万円[1]
テンプレートを表示

1954年(昭和29年)10月17日公開で松竹製作・配給。監督は大曾根辰夫で、主演は八代目松本幸四郎。 モノクロ、スタンダード、188分。戦後GHQの統制下では製作されなかった赤穂事件を、戦後初めて『忠臣蔵』のタイトルで公開された作品。配収は2億9064万円で、1954年度の邦画配収ランキング第2位となった。

スタッフ編集

キャスト編集

大曾根辰夫監督編集

古くは衣笠貞之助監督の下で『忠臣蔵 赤穂京の巻 江戸の巻』で監督補助を務め、その後も松竹一筋に時代劇を中心に作品を作った。この1954年『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』の3年後の1957年に『大忠臣蔵』、そして1962年にはその続編「義士始末記」を作り、この他に戦前は坂東好太郎で「月形半平太」「雪之丞変化闇太郎懺悔」、戦後は阪東妻三郎の「あばれ獅子」、嵐寛寿郎の「鞍馬天狗」シリーズ、市川右太衛門の「旗本退屈男 江戸城罷り通る」、美空ひばりの「ひばり姫初雲道中」「七変化狸御殿」、高田幸吉の「歌う弥次喜多黄金道中」などの多彩なスター映画でメガホンを取り、1953年には松竹創立30周年記念映画『花の生涯 彦根編・江戸編』も監督して松竹時代劇を代表する映画監督である。資料によっては「大曽根辰保」「大曾根辰雄」とも記されている。

上映時間編集

公開時のパンフレットには映画史上空前の豪華大作と謳われた作品で、公開当時の資料では第1部(花の巻)104分、第2部(雪の巻)137分の合計241分(4時間1分)の映画であった。後にDVD化された時にパッケージの説明では初公開時は3時間53分で、現存する現版は188分(3時間8分)として、戦後に単独公開された忠臣蔵映画の中では最長尺の作品とされている[2]

1962年東宝製作編集

忠臣蔵 花の巻・雪の巻
監督 稲垣浩
脚本 八住利雄
製作 藤本真澄
田中友幸
稲垣浩
出演者 松本幸四郎
加山雄三
三橋達也
原節子
司葉子
森繁久彌
市川中車
三船敏郎
音楽 伊福部昭
撮影 山田一夫
編集 岩下広一
製作会社 東宝
配給 東宝
公開   1962年11月3日
上映時間 207分
製作国   日本
言語 日本語
配給収入 2億8010万円[3]
テンプレートを表示

1962年(昭和37年)11月3日公開で東宝製作・配給。監督は稲垣浩、主演は八代目松本幸四郎カラー東宝スコープ、207分。昭和37年度文化庁芸術祭参加作品。

東宝創立30周年記念映画[4]の1本で、東宝オールキャストで描いた忠臣蔵映画。原節子横山運平の最後の映画出演作でもある。配収は2億8010万円で、1962年度の邦画配収ランキング第8位となった。

スタッフ編集

キャスト編集

その他編集

  • 討ち入りの場面では、伊福部昭の担当した映画音楽では最も有名な『ゴジラ』の登場シーンの音楽が流用されている。有名な「ドシラ、ドシラ」ではなく「ラシド、ラシド・ド・ド・ド・ド」の方で自身が作曲した『SF交響ファンタジー第1番』にもある旋律である。また、オランダ人が出てくる場面では複調の音楽が用いられ、ハモンドオルガンも使用されるなど、伊福部の音楽の中でも実験的な面が見られる。

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.112
  2. ^ 『戦後忠臣蔵映画の全貌』77P参照 谷川健司 著
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.190
  4. ^ 忠臣蔵 花の巻 雪の巻、キネマ写真館、2015年3月8日閲覧

外部リンク(松竹版)編集

外部リンク(東宝版)編集