快盗ルビイ』(かいとうルビイ)は、1988年11月12日に東宝にて公開されたコメディー映画小泉今日子が扮する加藤留美(実は、ルビイという名の快盗)が、真田広之が扮する林徹を仕事(泥棒)の相棒にするコミカルドラマ。原作はヘンリー・スレッサーの『快盗ルビイ・マーチンスン』(ISBN 4150728518)。ただし原作ではルビイは男である。第62回キネマ旬報ベスト・テン第10位。

快盗ルビイ
監督 和田誠
脚本 和田誠
原作 ヘンリー・スレッサー『快盗ルビイ・マーチンスン』
製作 藤峰貞利
製作総指揮 高山登
出演者 小泉今日子
真田広之
音楽 八木正生
主題歌 小泉今日子「快盗ルビイ
撮影 丸池納
編集 冨田功
製作会社 ビクター音楽産業、サンダンス・カンパニー
配給 東宝
公開 1988年11月12日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

さえないサラリーマン林 徹は、マンションの上の階に引っ越してきたスタイリストの加藤留美ことルビイと親しくなる。ルビイは犯罪者になると打ち明け、嫌がる徹を相棒にする。しかし、ルビイが計画した詐欺や銀行強盗は全て失敗。ルビイは乃木坂の高級マンション「ザナドゥ(xanadu)」に目をつけ、空き巣に入るが、徹が鍵のこわれた浴室に閉じ込められてしまう。ルビイは修理業者に変装して徹を救出、なんとか逃げ出す。

恋人と喧嘩して別れの手紙を出し、後悔したルビイは徹に手紙を取りもどしてくれるよう頼む。恋人の郵便受けの前で張り込み、手紙を盗んだ徹は通報され、刑事に連行されるが、鑑定医の機転で釈放される。話を聞いたルビイは自分の気持ちに気付き、徹に接吻する。二人はまた新しい計画を練り始める。

スタッフ編集

出演者編集

主題歌編集

小泉今日子「快盗ルビイ」(作詞:和田誠、作曲:大瀧詠一、編曲:八木正生

  • 同名シングルとはアレンジが異なっている。

挿入歌編集

小泉今日子・真田広之「たとえばフォーエバー」(作詞・作曲:和田誠、編曲:八木正生)

製作編集

企画はサンダンス・カンパニーの古澤利夫(藤崎貞利)[1]詳細は『それから』を参照)。製作費1億2000万円はビクター音楽産業が全額出資[1][2]。古澤が東宝に企画を持ち込んだら、東宝はこの前年ヒットしたホイチョイ・プロダクション製作の『私をスキーに連れてって』のような映画を狙っていた[2]。監督・脚本の和田誠大竹しのぶ野々村真のコンビを構想していたが変更になった[2]。サンダンス・カンパニーの木村典代が小泉今日子のマネージャーと知り合いだったことから、小泉に出演を依頼した[2]

同時上映編集

「怪盗ジゴマ 音楽篇」(ミュージカル アニメーション)

和田誠 作品(上映23分)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 古澤利夫 『映画の力』ビジネス社、2019年、393-398頁。ISBN 9784828420769 
  2. ^ a b c d 『映画の力』、405頁。

外部リンク編集