メインメニューを開く

概要編集

樹齢約400年の全長20mのクロマツがある[1]。主幹は高さ3.5m、幹囲り1.16m。東に周囲1.3mの巨大なが這うようにあるのが特徴[4]

1955年8月1日に山形県の天然記念物に指定され、1994年造園家である中島健の設計により現在の庭園が完成した。元は1960年に廃業した旅館「村上屋」の庭園で[1]、往時は「村上屋の臥龍の松」と呼ばれていた。400年前、佐藤茂右エ門が盆栽の松を地植えしたのが始まりという[3]

開園時間・休園日・入園料編集

出典[4]による。

  • 開園時間
    • 4月 - 10月:9:00 - 17:00
    • 11月 - 3月:9:00 - 16:00
  • 休園日 - なし(年中無休)
  • 入園料 - 100(協力金として)

アクセス編集

公共交通機関
JR羽越本線鼠ケ関駅から約徒歩で約2分間[2]ないし約3分間[4]
自家用自動車
日本海東北自動車道あつみ温泉インターチェンジから8キロメートル自動車で約12分間[2]ないし約15分間。または朝日まほろばインターチェンジから自動車で約50分間。駐車場は最寄りに普通車15台。大型車はマリンパークねずがせき駐車場(徒歩約3分間)を利用するよう案内されている[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 庄内コンシェルジュ 念珠の松庭園”. いまじん. 2019年5月6日閲覧。
  2. ^ a b c 庄内コンシェルジュ 念珠の松庭園”. いまじん. 2019年5月6日閲覧。
  3. ^ a b やまがた庄内観光サイト 念珠の松庭園”. 庄内観光コンベンション協会. 2019年5月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e 念珠の松庭園”. 山形県鶴岡市観光連盟. 2019年5月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集