メインメニューを開く

急行列車(クッペンヨルチャ(급행열차)、きゅうこうれっしゃ)は、韓国鉄道公社(KORAIL)並びにソウル市メトロ9号線の列車種別。英語表記は、韓国鉄道公社がRapid、ソウル市メトロ9号線がExpressとなっているが、韓国鉄道公社でも案内によってはExpressが使われる場合がある。

急行列車
各種表記
ハングル 급행열차
漢字 急行列車
発音 クッペンヨルチャ
日本語読み: きゅうこうれっしゃ
英語 Rapid (韓国鉄道公社)
Express (ソウル市メトロ9号線)
テンプレートを表示

概要編集

全列車がソウル首都圏において運行されている。京釜電鉄線(京釜線)で1984年に、列車線を使用した高速電鉄をソウル駅から水原駅までの区間で朝夕に運転を始めたのが始まりである。一般列車とは異なり、各駅停車で使用されているのと同じ通勤型車両を使用し、かつ運賃も同一である。運行形態や料金収受の方法からみて、日本JRでいうところの快速にほぼ相当する。

なお、韓国鉄道公社が運行するKTXや、ITX-セマウルムグンファ号などの一般列車、KORAIL空港鉄道が運行する直通列車は、観光ガイドブックやウェブサイト等によっては便宜的に「特急」「急行」といった表現を使うことがあるが[1]、これらは列車愛称が列車種別を兼ねるため、正式な列車種別として急行列車と呼ばれてはいない。

運行路線編集

路線名 運行区間 停車駅 運転時間帯 使用車両
京釜電鉄線 龍山天安新昌
(A急行)
龍山加山デジタル団地間の各駅
安養水原餅店烏山西井里
平沢成歓斗井天安新昌間の各駅
早朝・日中・夜間 311000系
龍山加山デジタル団地間の各駅
水原平沢斗井天安
土休日1往復
ソウル天安新昌
(B急行)
ソウル永登浦(朝ラッシュ時上りのみ)
衿川区庁安養軍浦義王
成均館大(朝ラッシュ時のみ)、水原餅店
烏山西井里平沢成歓斗井
天安新昌間の各駅
平日朝・夕ラッシュ時 311000系
龍山九老
(区間電車)
全駅(各駅停車) 終日 1000系
311000系
京仁線
(一部を除き、
京釜電鉄線と直通運転)
龍山東仁川
九老東仁川
急行:龍山九老間の各駅、開峰駅谷富川
松内富平銅岩朱安済物浦東仁川
特急:龍山鷺梁津新道林九老富川松内
富平朱安東仁川
急行:終日
特急:日中上り9列車、下り9列車
京元電鉄線
ソウルメトロ1号線
京釜電鉄線
京仁線と直通運転)
逍遥山東豆川光云大
(~仁川
逍遥山東豆川東豆川中央徳亭楊州
議政府回龍道峰山倉洞光云大
光云大以南は各駅停車として運行)
平日朝ラッシュ時 311000系
安山線 タンゴゲ~)衿井安山 衿井山本常緑樹中央安山
衿井以北は各駅停車として運行)
平日朝ラッシュ時上り5列車
平日夕ラッシュ時下り3列車
341000系
ソウル市メトロ9号線 金浦空港総合運動場 金浦空港加陽塩倉堂山汝矣島鷺梁津
銅雀高速ターミナル新論宣靖陵奉恩寺
総合運動場
終日 9000系
京義・中央線 中央線
~)龍山龍門
龍山二村玉水往十里清凉里回基上鳳
九里陶農徳沼陶深両水楊平龍門
龍山以北は各駅停車として運行)
平日朝ラッシュ時上り2列車
平日夕ラッシュ時下り2列車
321000系
331000系
京義線
龍山(~龍門
(下り1列車を除き、
中央線と直通運転)
金村金陵※、雲井※、※、一山
白馬大谷幸信デジタルメディアシティ
弘大入口孔徳龍山
龍山以南は各駅停車として運行)
※は金陵雲井の全てに停車する列車や
金陵に停車する列車や
雲井のみ停車する列車(下り1列車のみ)もある。
平日朝ラッシュ時下り3列車、上り2列車
平日夕ラッシュ時上り2列車、下り1列車
京義線
ソウル
金村雲井一山白馬大谷幸信
デジタルメディアシティ加佐新村ソウル
(日中は一山止まり)
平日朝ラッシュ時下り2列車
平日夕ラッシュ時上り2列車
平日日中5往復
331000系
京春線 清凉里春川 清凉里回基上鳳退渓院思陵坪内好坪磨石
清平加平江村南春川春川
平日上り2列車
平日下り3列車
361000系
盆唐線 往十里~)竹田水原 往十里竹田間の各駅
器興網浦水原市庁水原
平日朝ラッシュ時上り4列車、下り2列車
平日夕ラッシュ時下り4列車、上り2列車
351000系
水仁線 烏耳島仁川 烏耳島蘇莱浦口仁川論源仁斎延寿仁荷大仁川 平日上り5列車
平日下り3列車

運行編集

1号線の急行運転には、韓国鉄道公社所有の1000系電車・5000系電車が使用される。このうち1000系電車は京仁線での急行運転に使用されることが多く、京釜線での急行運転に使用されることはほとんどない。安山線の急行運転には、2000系電車が使用される。中央線と京義線には、それぞれ交流専用の321000系、331000系が使用される。また、ソウル市メトロ9号線には9000系が一般列車(各駅停車)と共通で使用される。運行が廃止された京春線には、交流専用の361000系が使用されていた。

京釜線編集

京釜電鉄線では、1984年から長距離線を使用した高速電鉄ソウル駅から水原駅までの区間で平日の朝夕に運転を始めた。1986年直通へ改称、さらに2003年には京仁線の直通と共に急行へ改称している。しかし、本数は長距離列車が多数運行する関係で、1日数本程度しか運行できない状態が丸20年間続いた。2004年になると、KTXが開業したことで長距離列車が減り、2005年に複々線が天安駅まで延びたため、複々線延長と同時に、急行の終日運転が実現した。ソウル駅と天安駅とを往復するものと、龍山駅と天安とを往復するものと、永登浦駅餅店駅とを往復する3系統があり、停車駅がそれぞれ異なっている。

ソウル(天安)急行はソウル駅地上ホームを起終点として、中間区間を除いてほとんどを複々線の長距離線の線路を使用する。長距離線を走るソウル都市部で停車駅が少なく、九老以南で電車線に移って多くの駅に停車、水原以南では長距離線に戻り、停車駅は龍山急行と同じである。「高速電鉄」を受け継ぐものであり、平日土曜日の朝夕ラッシュ時のみ1日3往復。

龍山(天安)急行は龍山駅急行ホームを起終点として、龍山から九老は電鉄線の急行線(各駅停車)、九老以南では長距離線を走り、急行運転をする。水原以南での停車駅はソウル急行と同じである。終日運転しており、平日・土曜日は12往復、休日は11往復。

2014年より運行を開始した永登浦-餅店間急行は、京釜高速道路を走行する広域バスの立席禁止措置により登場した。平日朝に上り2本、平日夕に下り2本が運行される。停車駅は、安養駅、水原駅のみで、京釜線の急行列車の中では最も少ない最速列車である。

2016年より、ヌリロ号を置き換える形で、一部の急行列車が新昌駅まで延長。

京仁線編集

京仁線では、1999年に龍山駅から富平駅間での区間の複々線化が完成し、完全な緩急分離方式の急行運転を開始した。この急行は、京釜線内は電鉄線の急行線を走り(各駅停車)し、京仁線の急行線で急行運転する。2002年に朱安駅まで、2005年に東仁川駅まで複々線が延伸したため、急行の行き先も全てそこまで延長されている。一部の列車は区間運転を行う。過去には2010年9月1日より平日の朝に2本の列車は現在の急行停車駅から駅谷松内銅岩を除いたA急行として運行したが、2012年11月1日に廃止された。又、2010年11月1日九老以北各駅停車の倉洞仁川行き急行列車を深夜に1本運転を開始した。2011年10月5日楊州発、2014年8月24日逍遥山発に延長されたが、2015年2月27日に急行列車としての運転を終了し緩行に格下げされた。2016年2月1日開峰駅済物浦駅に全列車が停車するようになった。

2017年7月7日より、以前運行されていたA急行に類似した、朱安駅、富平駅、松内駅、富川駅、九老駅、新道林駅、鷺梁津駅にのみ停車する特急(특급/Limited Express)列車が新設。

京元線編集

京元線では2006年12月15日の議政府~東豆川間複線電化開業により、同区間で平日朝夕ラッシュ時を中心に1日7往復の急行運転を開始した。この急行電車は議政府駅以南では仁川行きの各駅停車として京釜電鉄線、京仁線に直通運転をしている。しかし、2008年1月1日のダイヤ改正で、平日の朝2往復へ減便された。しかし、同年12月1日ダイヤ改正議政府駅までであった急行運転区間を光云大駅までに拡大した。また一部停車駅の変更も行われた。

安山線編集

安山線では2010年1月18日より、衿井←安山間の朝上り片道3列車において急行運転を開始した。この列車は衿井から果川線ソウルメトロ4号線に乗り入れるが両路線内はいずれも各駅に停車する。また、2014年9月1日より、衿井→安山間の夕方下り片道3列車においても急行運転を開始した。

ソウル市メトロ9号線編集

ソウル市メトロ9号線では、2009年7月24日の開業により、金浦空港駅~新論駅間で、ほぼ終日にわたって20分間隔の急行運転を開始した。

2011年8月22日より、朝夕の出退勤時間帯は10分間隔に増発する[2]

中央線編集

中央線では、2008年12月1日より、龍山←陶深間の朝上り片道2列車において急行運転を開始した。なお、同年12月29日の八堂駅~菊秀駅の複線電化開業により、運転区間を両水駅まで延長。

京義線編集

京義線では、2009年7月1日のソウル(デジタルメディアシティ)~山間複線電化開業により、ソウル←山間の平日朝上り片道1列車(現在のA急行)において急行運転を開始した。これに加えて、2009年12月1日からは、同一の区間・時間帯においてA急行より停車駅数を減らしたB急行の運行を開始した。2012年12月15日の龍山線の孔徳駅~加佐駅間開業に伴い、A急行を龍山線直通に変更。2013年3月4日より、B急行停車駅に新村駅を追加。また、日中の特定の時間帯に孔徳駅~加佐駅間の運行間隔が30分近くあるのを解消するため、孔徳駅~大谷駅間の区間急行が運行開始。

京春線編集

京春線では、2010年12月21日の上鳳~春川間複線電化開業により、終日急行運転を開始した。 平日朝は1時間に2本程度、それ以外は約1時間間隔で運転されている。 上記の表の通り、平日より週末の方が停車駅が多くなっている。 2011年6月20日から、思陵駅が急行停車駅になった。 2012年2月28日から、都市間準高速列車「ITX-青春」運行開始により廃止。 2017年1月31日から、平日に限り、一部のITX-青春運行を廃止し、その代替として急行列車の運行を復活。

盆唐線編集

2013年11月30日網浦水原間延伸開業に合わせ12月2日より平日ラッシュ時上り4本とラッシュ時下り4本で運行を開始。

水仁線編集

2017年7月7日より平日ラッシュ時上り5本とラッシュ時下り3本で運行を開始。

廃止された路線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 一例として、ソウルから地方への行き方~鉄道編~ - コネスト
  2. ^ [1]公式ページ(朝鮮語)2011年8月16日

関連項目編集