メインメニューを開く

怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス

怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス』(かいじゅうだいふんせん ダイゴロウたいゴリアス)は、1972年12月17日に「東宝チャンピオンまつり」の一作として公開された円谷プロダクション製作の特撮映画作品。

怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス
監督 飯島敏宏
脚本 千束北夫
製作 円谷一
ナレーター 浦野光
出演者 三波伸介
犬塚弘
音楽 冬木透
主題歌 「ダイゴロウ対ゴリアス」(歌:子門真人、荒川少年少女合唱隊)
製作会社 円谷プロダクション
配給 東宝
公開 1972年12月17日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

円谷プロダクション創立10周年記念作品。円谷プロダクションとしては初のオリジナル怪獣映画でもある[1][2]。監督の飯島敏宏によるファンタジックな世界観が特徴の心優しい怪獣映画となっている[1]

脚本も兼任した飯島は、犬塚弘演じる「発明おじさん」を、フランスの喜劇俳優・監督のジャック・タチ演じる「ユロおじさん」をイメージして造形したとコメントしている。[要出典]

最終決定稿の台本では『大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス』だった。[要出典]

あらすじ編集

東京湾に姿を現した怪獣が自衛隊によって退治され、その怪獣の子供が後に残された。この子供怪獣はダイゴロウと名付けられ、国の管理下で飼育されることになった。しかし、ダイゴロウは驚くべき大食漢であり、国税ではエサ代をまかないきれなくなったため、成長抑制剤・アンチグロウを投与されそうになる。

それを知った子供たちと発明おじさんや熊五郎ら気のいい大人たちは立ち上がり、ダイゴロウのエサにもっと予算をつけてくれと要求するが、役人の鈴木は追加予算を認めようとしない。また、発明おじさんはダイゴロウに腹一杯食わせてやろうと、賞金狙いでさまざまな発明品を作り出すが、なかなか上手くいかない。ところが、「瞬間雨降りミサイル」を披露した際には雪が降り始めて成功とみなされ、見事に賞金を獲得できたため、おじさんは釈然としない。「失敗したはずなのに、なぜ雪が降ったんだ?」

それは宇宙から隕石に乗って現われ、周囲の熱エネルギーを吸収する凶暴な怪獣ゴリアスの仕業だった。ダイゴロウはゴリアスに勇敢に立ち向かうもあえなくダウンし、勢いに乗ったゴリアスはコンビナートに出現して大暴れする。通常兵器ではゴリアスを倒せず、ついには核兵器の使用も検討され始めてしまう。

「このままでは海も死んでしまう」と子供たちは危惧する。息を吹き返したダイゴロウは母親同様に火炎を吐けるのではないかと気付いたおじさんたちと共に特訓を開始するが、そこにゴリアスが出現する。

登場怪獣編集

ダイゴロウ編集

  • 別名:ハラペコ怪獣[3]
  • 身長:35メートル
  • 体重:8千トン
  • 年齢:6歳

日本に上陸して暴れた怪獣の子供。瓦礫の中から発見され、孤島に隔離される形で飼育されていた。人懐こく、聞き分けが良い。そのため、食欲による予算過多を理由に成長を薬品で止められる際には、それを理解したかのように従う。反面、野生を失ったわけではなく、遥か彼方に飛来したゴリアスに対し、ライオンのように怒りを露にした[注釈 1]。ただし特訓したものの格闘能力は低く、母譲りの高熱火炎でゴリアスを退けた。頭には小さな角があり口に猫のようなヒゲが生えている[注釈 2]

  • 造形物は着ぐるみがメインのものと赤ん坊時のものが1体ずつ、ほかに実物大の頭部と左手と左足の造形物が製作された。赤ん坊時の着ぐるみは2013年時点で現存している[4]高山良策によるラテックス製の雛形は、一時期円谷プロダクションの社長室に飾られていた[5]

ダイゴロウの母編集

  • 別名:原始母怪獣[3]
  • 身長:40メートル
  • 体重:2万トン

6年前に原子力潜水艦の爆発が原因で蘇った怪獣で、一対の角と鬣を有する。東京湾に上陸した後に市街地を蹂躙し、火を吐いて暴れるが、大型ミサイルによって絶命。後には彼女の子供が遺されていた。

ゴリアス編集

  • 別名:恐怖大星獣、恐怖星獣[7]
  • 身長:45メートル
  • 体重:3万トン
  • 尻尾:50メートル

宇宙から隕石に乗って地球に侵入した異星の生命体。熱エネルギーを吸収するため、周囲の海域は氷結、低温化する。武器は額の角から発する電光と巨大な拳。日本に上陸し、石油コンビナートを破壊。ゴリアス迎撃のため核兵器の使用までもが検討された。特訓したダイゴロウと対戦、発明おじさんたちによって電光を封じるための巨大な絶縁布を角に付けられるもそれを剥がし、終始優勢に戦いを進めるが、ダイゴロウの高熱火炎に角を破壊され敗北。最後はロケットで宇宙へ帰された。

  • 検討用デザインを担当した米谷佳晃は、脚本では単眼の岩塊を意図しており、完成デザインとは大きくイメージが異なるものであったことを証言している[6]
  • 着ぐるみのほかに実物大の頭部と背中の造形物が製作された。

登場メカニック編集

エアロバイク スカイラーク号
賞金200万円をダイゴロウの食糧代に充てようと、オジサンがBCB-TVのテレビ番組『ビックリ発明大ショック』に出場するために製作した飛行バイク。バイクプッシャ式エンジンや翼、カウリングや補助輪などを取り付けた一種の超軽量動力機であるが、長々と滑走した末に、僅かに飛行した後に爆発したに止まった。
大型ミサイル
自衛隊がダイゴロウの母に対して使用したミサイル。4基のエンジンをクラスター化したブースターと弾頭部の二段式となっており、装軌式牽引車に牽引された装軌式の単装ランチャーから発射される。港湾部や市街地を蹂躙するダイゴロウの母に対して自衛隊基地内から発射され、ダイゴロウの母の頭部に直撃し、一撃でダイゴロウの母を絶命させてしまった。
瞬間雨降りミサイル
『ビックリ発明大ショック』への再挑戦のためにオジサンが制作した発明品。雲の中の水蒸気を冷却する事により、打ち上げから3分以内に雨を降らせるという人工降雨装置だったが、打ち上げ直後にゴリアスの影響で雪が降り出したため、その性能の真偽は不明。

スタッフ編集

※映画クレジット順

※以下ノンクレジットスタッフ

音楽編集

  • 主題歌:「ダイゴロウ対ゴリアス」(歌:子門真人荒川少年少女合唱隊
  • 挿入歌:
    • 「ララバイ オブ ダイゴロウ」(歌:桜井妙子、スタジオ・シンガーズ)
    • 「ぼくのおじさん」(歌:子門真人)
    • 「そしてエピロオグ」(歌:子門真人)

キャスト編集

映像ソフト編集

  • 2005年9月30日、DVDが発売された。
  • 2015年8月19日、東宝DVD名作セレクションとして再発売された。

同時上映編集

ゴジラ電撃大作戦
脚本:馬淵薫本多猪四郎 / 特技監督:有川貞昌 / 監督:本多猪四郎 / 主演:久保明
1968年公開『怪獣総進撃』の改題短縮リバイバル版。
パンダコパンダ
原案・脚本・場面設定:宮崎駿 / 演出:高畑勲 / 主演(声):杉山佳寿子 / 東京ムービー(現:トムス・エンタテインメント)作品
3本立て興行は初回となる1969年冬興行以来3年振り。また、今回はアニメ・特撮にかかわらず、テレビ作品が1本も無かったが、これは「東宝チャンピオンまつり」では初のことである。

漫画版編集

『怪獣ダイゴロウ』
小学館の学習雑誌に連載
ダイゴロウを擬人化した日常コメディ[2]
作画:林ひさお、構成:田口成光
作画:山根あおおに
作画:山根あおおに
1972年7月号-1973年3月号連載
作画:藤田茂
1974年4月号-6月号連載
作画:山根あおおに
  • 小学五年生 1972年4月号-1973年3月号連載
作画:しのだひでお
  • 小学六年生 1972年4月号-1973年3月号連載
作画:板井れんたろう、構成:藤川桂介

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ その際、ライオンの鳴き声を使っている。[要出典]
  2. ^ 小さい頃は生えていなかった。
  3. ^ 本作のためのオリジナル曲ではなく、『恐怖劇場アンバランス』のBGM「M-16"」(同作では未使用)を流用[8]

出典編集

  1. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013.
  2. ^ a b 円谷プロ画報 2013, p. 126.
  3. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 87.
  4. ^ KKベストセラーズ発行『語れ!ウルトラマン 兄弟激闘編』105頁
  5. ^ 原口智生の夢のかけら 第33回 ダイゴロウ」『宇宙船』vol.158(AUTUMN 2017.秋)、ホビージャパン、2017年9月30日、 pp.126-127、 ISBN 978-4-7986-1548-6
  6. ^ a b c 宇宙船162 2018, pp. 88-91, 取材・文 鶯谷五郎「70's円谷怪獣リスペクト検証 栄光の怪獣王国、狂乱のデザイン史 [第9回] 『ファイヤーマン』と『ジャンボーグA』の時代を巡る、米谷佳晃の追憶」
  7. ^ 円谷プロ画報 2013, p. 127.
  8. ^ 『恐怖劇場アンバランス オリジナルBGM集』(2006年、ウルトラ・ヴァイヴ)のライナーノーツより。

参考文献編集

外部リンク編集