怪盗白頭巾』(かいとうしろずきん)は、1935年(昭和10年)製作、同年前篇公開、1936年(昭和11年)後篇公開、山中貞雄監督による日本の長編劇映画、トーキー初期の剣戟映画である。

怪盗白頭巾
前篇 / 後篇
The White Hood
監督 山中貞雄
脚本 三村伸太郎
原作 梶原金八
出演者 大河内伝次郎
音楽 西梧郎
撮影 松村禎三
製作会社 日活京都撮影所
配給 日活
公開 日本の旗
前篇 1935年12月31日
後篇 1936年1月15日
上映時間 前篇 74分 / 後篇 64分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

嵐寛寿郎プロダクションから日活京都撮影所に移籍した山中貞雄が、同時期に移籍した稲垣浩らの監督応援を受けて監督した作品である。原作として名を連ねている「梶原金八」は、山中、稲垣、八尋不二三村伸太郎藤井滋司滝沢英輔鈴木桃作萩原遼の共同筆名で、脚本は三村が執筆した。日活が配給し、前篇を1935年(昭和10年)12月31日、後篇を2週間後の1936年(昭和11年)1月15日に、浅草富士館等でそれぞれ公開した[1]

前篇74分・後篇64分の巨編であったが、本作の上映用プリントの全篇は現存しておらず、東京国立近代美術館フィルムセンターはプリントを所蔵していない[2]が、1分に満たないフィルム断片が発見されており、2004年(平成16年)に日活がリリースした『山中貞雄日活作品集 DVD-BOX』に『磯の源太 抱寝の長脇差』のフィルム断片とともに、収録されている。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

編集

  1. ^ 怪盗白頭巾 前篇 / 怪盗白頭巾 後篇、日本映画データベース、2010年1月18日閲覧。
  2. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年1月18日閲覧。
  3. ^ Film Calculator Archived 2008年12月4日, at the Wayback Machine.換算結果、コダック、2010年1月18日閲覧。

外部リンク編集