メインメニューを開く

恋するふたり (ニック・ロウの曲)

恋するふたり」(原題: Cruel to Be Kind)は、ニック・ロウ1979年に発表した楽曲。

恋するふたり
ニック・ロウシングル
初出アルバム『Labour of Lust
B面 エンドレス・グレイ・リボン
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1979年
ジャンル パブロック
時間
レーベル レイダー・レコード
作詞・作曲 ニック・ロウ
イアン・ゴム
プロデュース ニック・ロウ
チャート最高順位
ニック・ロウ シングル 年表
Cracking Up
(1979年)
恋するふたり
(1979年)
Switchboard Susan
(1979年)
ミュージックビデオ
「Cruel to Be Kind」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

本作品はブリンズリー・シュウォーツのメンバーであるニック・ロウとイアン・ゴムによって書かれ、グループ最後のアルバム『イッツ・オール・オーヴァー・ナウ』収録曲として録音された。しかしアルバムは発売されずに終わり[2]、ブリンズリー・シュウォーツは1975年に解散した。

その後、1978年発売のニック・ロウのシングル「Little Hitler」のB面として発表された(ブリンズリー・シュウォーツのバージョンとは異なる)。

1979年、ロウは当時所属していたバンド、ロックパイルのメンバーと共に再録音。同年6月9日発売のセカンド・アルバム『Labour of Lust』の一曲目に本作品は収録された[3]。8月17日にシングルカットされ、9月29日付のビルボード・Hot 100で12位を記録した[4]。また本国イギリスではチャートの12位を記録した。

1981年三遊亭圓丈が「恋のホワン・ホワン」というタイトルでカバーした。

パーソネル編集

ミュージック・ビデオ編集

当時ロウは、カントリー・ミュージックシンガーソングライターのカーリーン・カーターとの結婚を控えていた。そこで本作品のミュージック・ビデオを作るにあたり、彼は結婚式の模様を撮影してしまえば一石二鳥だと考えた。結婚式はロックパイルのツアーが終わったあとの1979年8月18日、カーリーンのハリウッドの自宅で行われた。実際に両家の家族が集まり、デイヴ・エドモンズはリムジンの運転手、ビリー・ブレムナーはケーキ職人、テリー・ウィリアムズはカメラマンに扮した。バンドのメンバーはそれぞれユーモラスな演技を行っている。また、結婚式の前日に西ハリウッドのトロピカーナ・モーテルの庭で演奏のシーンが撮影された[5]

MTVが放送を開始した1981年8月1日、206本のミュージック・ビデオが流れたが、「恋するふたり」のビデオもその中に含まれていた。

脚注編集

  1. ^ 45cat - Nick Lowe - Cruel To Be Kind / Endless Grey Ribbon - Radar - UK - ADA 43
  2. ^ 40年以上経った2017年になって初めて公式に発売された。
  3. ^ “Random Notes”. Rolling Stone (Straight Arrow Publishers, Inc.) (293): 46. (June 14, 1979). 
  4. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF SEPTEMBER 29, 1979
  5. ^ Cruel To Be Kind by Nick Lowe Songfacts