恋のチャンスを』(こいのちゃんすを 原題:Taking a Chance on Love)は、1940年のブロードウェイミュージカル「キャビンインザスカイ」のポピュラーソング。ブロードウェイとその後の1943年のMGMミュージカル映画『キャビン・イン・ザ・スカイ』の両方でペチュニアジャクソンの役を演じたエセルウォーターズによって紹介された。ヴァーノン・デュークが作詞し、作詞はジョン・ラトゥシュとテッド・フェッター(1940年の音楽を参照)[1]

カバーバージョン編集

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Burlingame, Sandra. “Jazz Standards Songs and Instrumentals (Taking a Chance on Love)”. jazzstandards.com. 2009年7月8日閲覧。