恋のベビーカー大作戦

恋のベビーカー大作戦』(こいのベビーカーだいさくせん、La stratégie de la poussette)は2012年フランスロマンティック・コメディ映画。監督はクレモン・ミシェルフランス語版、出演はラファエル・ペルソナシャルロット・ルボンなど。 同じアパートに住む女性から預かった赤ちゃんを、別れた恋人を取り戻すために利用しようとする男を描いている。

恋のベビーカー大作戦
La stratégie de la poussette
監督 クレモン・ミシェルフランス語版
脚本 クレモン・ミシェル
ルイ=ポール・ドゥサンジェ(脚本協力)
製作 アラン・ベンギーギフランス語版
トマ・ヴェルアエジュフランス語版
出演者 ラファエル・ペルソナ
シャルロット・ルボン
音楽 シルヴァン・オーレル
撮影 スティーヴン・ペティットヴィーユフランス語版
編集 ジュリー・デュプレフランス語版
製作会社 ソンブレロ・プロダクションフランス語版
スタジオカナル
TF1 Films Production
Alvy Développement 他
配給 フランスの旗 スタジオカナル
公開 フランスの旗 2013年1月2日
上映時間 90分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 €4,530,649[1]
興行収入 フランスの旗 $2,264,563[1][2]
世界の旗 $2,401,291[2]
テンプレートを表示

2012年11月10日にアラス国際映画祭フランス語版で初上映された[3]。日本では劇場未公開だが、WOWOWシネマの番組『W座からの招待状』が全国の単館系劇場と行なっている無料興行イベント『旅するW座』の第4弾として2013年7月から9月まで6つの劇場で順次上映された[4]

ストーリー編集

ささいなことで別れた恋人マリーを忘れられないトマは、同じアパートに住むメラニーから預かることになった赤ん坊を利用してマリーを取り戻そうと考える[5]。そんな下心見え見えのトマを、新しい仕事も新しい恋人との関係も順調なマリーは相手にしなかったが、子育てに奮闘するトマの姿に徐々に心が動いて行く。そして遂にマリーがトマの想いを受け入れようとしたその時、赤ん坊がトマの子でないことがバレてしまう。当然のようにマリーは怒り、完全に終わったと諦めたトマだったが、思い直し、素直な気持ちをマリーにぶつける。そんなトマをマリーは受け入れ、改めて「出会い」からやり直すことにする。

キャスト編集

作品の評価編集

批評家からの評価は概ね低い。 Rotten Tomatoesによれば、13件の評論のうち、高く評価しているのは8%にあたる1件のみであり、平均して10点満点中3.42点を得ている[6]Metacriticによれば、5件の評論のうち、高評価はなく、賛否混在は1件、低評価は4件で、平均して100点満点中20点を得ている[7]アロシネによれば、フランスの9つのメディアによる評価の平均は5点満点中1.9点である[8]

出典編集

  1. ^ a b La Stratégie de la poussette (The Stroller Strategy) (2013)” (フランス語). JPBox-Office. 2020年7月10日閲覧。
  2. ^ a b The Stroller Strategy” (英語). Box Office Mojo. 2020年7月10日閲覧。
  3. ^ La stratégie de la poussette (2012) - Release Info” (英語). IMDb. 2013年7月2日閲覧。
  4. ^ W座からの招待状”. WOWOW. 2013年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月29日閲覧。
  5. ^ “旅するW座:日本初公開作品を無料上映 第4弾は仏ラブコメ「恋のベビーカー大作戦」”. まんたんウェブ (毎日新聞). (2013年5月27日). https://mantan-web.jp/2013/05/27/20130526dog00m200029000c.html 2013年7月2日閲覧。 
  6. ^ The Stroller Strategy (2013)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年7月10日閲覧。
  7. ^ The Stroller Strategy Reviews” (英語). Metacritic. 2020年7月10日閲覧。
  8. ^ Critiques Presse pour le film La Stratégie de la poussette” (フランス語). AlloCiné. 2020年7月10日閲覧。

外部リンク編集