恋の時給は4ドル44セント

恋の時給は4ドル44セント』(Career Opportunities)は、1991年アメリカ映画

恋の時給は4ドル44セント
Career Opportunities
監督 ブライアン・ゴードン
脚本 ジョン・ヒューズ
製作 ジョン・ヒューズ
ハント・ロウリー
製作総指揮 ローラ・リー
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 ドナルド・マカルパイン
編集 グレン・ファー
ペック・プライアー
製作会社 ヒューズ・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 パイオニアLDC
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年3月29日
日本の旗 1992年10月3日
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $11,336,986[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

中西部のスモールタウン。家から厄介者扱いされているジムは、あるショッピングモールの深夜バイトをする。彼は客も店主もいないのをいいことに、店内をローラースケートで走り回ったりして遊びまわる。そこに、ゴージャスな美人ジョジーが現れる。彼女も、家から厄介者扱いされている。二人は結ばれる。すると強盗がやってきたので、やっつける。そして二人はハリウッドに行く。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ Career Opportunities (1991)”. Box Office Mojo. 2011年5月21日閲覧。

外部リンク編集