メインメニューを開く

恋はワイルド・シング」(原題: Wild Thing)は、英国のグループ、トロッグスが1966年にカバーし全米チャート1位を記録した楽曲。

恋はワイルド・シング
トロッグスシングル
初出アルバム『From Nowhere
B面 From Home
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ガレージロック
時間
レーベル フォンタナ・レコード
アトコ・レコード[2]
作詞・作曲 チップ・テイラー
プロデュース ラリー・ペイジ
チャート最高順位
トロッグス シングル 年表
Lost Girl
(1965年)
恋はワイルド・シング
(1966年)
With a Girl Like You
(1966年)
ミュージックビデオ
「Wild Thing」 - YouTube
テンプレートを表示

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では261位にランクされている[3]

概要編集

ニューヨークのナイトクラブのハウスバンド、ザ・ワイルド・ワンズ(日本の同名バンドとは別)が1965年11月に発表したバージョンがオリジナルである。作詞作曲はシンガーソングライターのチップ・テイラー。トロッグスのバージョンは、1966年7月30日から8月6日にかけてビルボード・Hot 100で2週連続1位を記録した[4]。英国のチャートでは2位を記録した。

オリジナルのバージョンでは間奏で口笛が流れる。トロッグスのバージョンでは、ミュージック・ディレクターのコリン・フレッチャーがそれをオカリナで再現している。

その他のバージョン編集

1967年6月の「モントレー・ポップ・フェスティバル」において、この曲の演奏中に「ギター燃やし」のパフォーマンスを行ったことで知られる。
レコードデビュー以前からレパートリーとしており、ドラマーのサンディ・ウェストがボーカルを務めている。ライブ盤『Live in Japan』(1977年)に収録。
ベック・バージョンの邦題は『ワイルド・シング』。
映画『メジャーリーグ』で使用されたほか、プロレスラー大仁田厚の入場テーマ曲としても取り上げられた。

脚注編集