メインメニューを開く

恋人』(フィンランド語: Rakastava作品14は、ジャン・シベリウスが作曲した組曲。1912年に弦楽合奏打楽器トライアングルのための楽曲として書き上げられた。これは1894年に作曲された無伴奏男声合唱のための4曲からなる同名の連作歌曲集を基にしている。作品は『カンテレタル英語版』第1巻のフィンランド語のテクストを素材としている。

概要編集

シベリウスは1894年に無伴奏男声合唱のための連作歌曲集『恋人』を、フィンランドの伝承詩集『カンテレタル』の第1巻のテクストから作曲していた[1][2]。この1894年の作品は地元のコンクールに出品されて2等賞を獲得している。この時の優勝者は彼のかつての師だった[3]。シベリウスはこの歌曲集を1894年に件弦楽伴奏つきの男声合唱、1898年に混声合唱のために編曲している[1]

シベリウスは歌曲集を下敷きに弦楽合奏、打楽器とトライアングルのための管弦楽組曲『恋人』を仕立て上げ、作品番号14を与えた。完成は1912年、彼が交響曲第4番に取り組んでいた時期にあたる[1][4]。彼は本作が「聴衆を魅了した」からという理由で、1920年代までしばしば自作の交響曲を指揮する際にこの組曲を同時に取り上げていた[1]

楽曲構成編集

歌曲集編集

  1. Miss' on kussa minun hyväni
  2. Eilaa, eilaa
  3. Hyvää iltaa lintuseni
  4. Käsi kaulaan, lintuseni[1]

組曲編集

  1. Rakastava, Andante con moto 4/4拍子 ヘ長調
  2. Rakastetun tie (恋人の道), Allegretto 3/4拍子 変ロ長調
  3. Hyvää iltaa ... Jää hyvästi (こんばんは、さようなら), Andantino 4/4拍子 ヘ長調[1]

第1曲では弦楽器が明るく美しく響く。第2曲の合唱部分は「弦楽器の囁きと素晴らしく柔軟な旋律展開」に変更されている[1]。第3曲は原曲と同様に感情に深く訴えかける[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h Other orchestral works / The Lover”. Jean Sibelius. Finnish Club of Helsinki. 2015年12月1日閲覧。
  2. ^ Rakastava (The Lover)”. Oxford Dictionary of Music. 2015年12月1日閲覧。
  3. ^ Johnston, Blair. “Rakastava (The Lover), for male chorus (with or without string orchestra), JS 160”. AllMusic. 2015年12月7日閲覧。
  4. ^ Dettmer, Roger. “Jean Sibelius / Rakastava (The Lover), suite for string orchestra, triangle & timpani, Op. 14”. AllMusic. 2015年12月1日閲覧。

参考文献編集

  • Tomi Mäkelä: "Jean Sibelius und seine Zeit" (German), Laaber-Verlag, Regensburg 2013

外部リンク編集