恋愛小説家』(れんあいしょうせつか、原題: As Good as It Gets)は、1997年製作のアメリカ映画ジェームズ・L・ブルックス監督。偏屈なロマンス小説作家と、彼の行きつけのレストランで働くウェイトレスとの恋愛を描いている。ジャック・ニコルソンとヘレン・ハントが、共にアカデミー主演男優賞主演女優賞を受賞した。

恋愛小説家
As Good as It Gets
監督 ジェームズ・L・ブルックス
脚本 マーク・アンドラス
ジェームズ・L・ブルックス
製作 ジェームズ・L・ブルックス
ブリジット・ジョンソン
クリスティ・ズィー
製作総指揮 ローレンス・マーク
リチャード・サカイ
ローラ・ジスキン
出演者 ジャック・ニコルソン
ヘレン・ハント
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ジョン・ベイリー
編集 リチャード・マークス
製作会社 Gracie Films
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 COLTRI
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年12月19日
日本の旗 1998年4月11日
上映時間 139分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000ドル[1]
興行収入 $314,178,011[1]
テンプレートを表示

原題は「これ以上はない最善」という意味の慣用句である。最高や完璧ではなく、最善であることが強調された語彙である。なお、本国での公開時コピーは "Brace yourself for Melvin" であり、「メルヴィンに備えよ」という意味である。

主人公のメルヴィンになつく犬は、ブリュッセル・グリフォンという種類である。

ストーリー編集

マンハッタンに暮らす売れっ子小説家のメルヴィンは、彼の著作とは異なり性格は常に悪意に満ちていて自尊心が高く自己中心的な人間である。極度の潔癖症で、鍵をかけたか、電灯を消したかを5回ずつ確かめ、1回使った石けんはゴミ箱に、人ごみの中でも「触るな」とわめき散らして歩く。また、敷石のへりを踏むことを極端に嫌うあまり、すべてのへりを踏まずに歩こうとする性癖がある。行きつけのレストランでも、勝手に自分のテーブルを決めていて、持参した使い捨てのナイフ・フォークを使う。朝食は「卵3個の目玉焼き、ソーセージにポテトフライ、パンケーキにコーヒー、砂糖はダイエットシュガー」と決めている。ただ、ウェイトレスのキャロルにだけは素直になり、給仕はキャロルからしか受け付けない。マンションの隣人である画家のサイモンとは犬猿の仲で、サイモンがゲイであることをいつもからかっている。

ある日、サイモンは家で強盗の少年たちに襲われ、瀕死の重傷を負う。メルヴィンが気づいて通報したため、サイモンの飼い犬バーデルを渋々預かることになってしまう。キャロルは母親と息子の3人でブルックリンに住んでいたが、医療保険に入っていないため息子が喘息の発作を起こしても医者に診せることができないでいた。キャロルが看病で仕事を休むとメルヴィンは自分がそのレストランで食事できないため、早く復帰してほしいがために彼女の家に医師と看護師を差し向け、治療費用も持ってしまう。サイモンは退院しリハビリを続けながら元の生活に戻ろうとするものの、制作意欲が湧かずついに破産。もはや借りるあてがないため、仲違いしているボルチモアの両親に金を借りに行くことになる。

なりゆきでメルヴィンとキャロルもサイモンの一泊旅行に同行する。その夜、メルヴィンとキャロルはディナーのレストランでいい雰囲気になるものの、メルヴィンの心無い発言から大げんかに。一方サイモンは家に電話してみたが両親に居留守を使われてしまう。ホテルで一人落ち込んでいたサイモンだったが、帰ってきたキャロルの絵を描いているうちに猛烈な制作意欲が戻り、借金はせずに自分でやり直すと決意してニューヨークに戻った。自宅を失ったサイモンに対してメルヴィンが自分のアパートの1部屋を提供すると申し出る。深夜、キャロルから電話でもう会わないと告げられたメルヴィンは、サイモンから励まされてキャロルの家に向かう。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
VHSDVD BD
メルヴィン ジャック・ニコルソン 堀勝之祐 池田勝
キャロル ヘレン・ハント 塩田朋子 山像かおり
サイモン グレッグ・キニア 家中宏 井上倫宏
フランク キューバ・グッディング・ジュニア 江原正士 楠大典
ヴィンセント スキート・ウールリッチ 遊佐浩二 増田裕生
ビヴァリー シャーリー・ナイト 竹口安芸子
スペンサー ジェシー・ジェームズ 矢島晶子
ジャッキー イヤードリー・スミス 佐藤しのぶ
ノーラ ルーペ・オンティヴェロス 磯辺万沙子
隣人 ビビ・オスターウォルド 新村礼子
受付係 ジュリー・ベンツ 雨蘭咲木子
店長 シェーン・ブラック 星野充昭
ウェイトレス レスリー・ステファンソン 増田ゆき
Dr.ベッツ ハロルド・ライミス 小室正幸 長克巳
Dr.グリーン ローレンス・カスダン 後藤敦 石住昭彦
  • VHS・DVD版日本語吹替
その他吹替:宮寺智子沢海陽子棚田恵美子室園丈裕久保田恵鳥畑洋人黒田弥生
制作スタッフ:演出:蕨南勝之、翻訳:岩本令、調整:山下裕康、プロデュース:吉岡美惠子、制作担当:神部宗之、稲毛弘之、日本語版製作:東北新社

脚注編集

  1. ^ a b As Good as It Gets (1997)”. Box Office Mojo. 2010年1月12日閲覧。

外部リンク編集