メインメニューを開く

恐怖の報酬 (1977年の映画)

恐怖の報酬』(きょうふのほうしゅう、Sorcerer)は、1977年公開のアメリカ映画

恐怖の報酬
Sorcerer
監督 ウィリアム・フリードキン
脚本 ウォロン・グリーン
製作 ウィリアム・フリードキン
出演者 ロイ・シャイダー
ブリュノ・クレメール
音楽 タンジェリン・ドリーム
キース・ジャレット
チャーリー・パーカー
撮影 ジョン・M・スティーブンス
編集 バッド・スミス
ロバート・K・ランバート
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年6月24日
日本の旗 1978年3月25日
上映時間 121分(北米公開版)
92分(国際版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
フランス語
ドイツ語
製作費 $22,000,000[1]
テンプレートを表示

1953年に公開されたフランス映画『恐怖の報酬Le Salaire de la peur)』のリメイク作品である。監督は『フレンチ・コネクション』や『エクソシスト』を手がけたウィリアム・フリードキン

4人の男がニトログリセリンをトラックで運ぶというオリジナルの設定に加え、主人公たちの行く手を遮る泥濘、雨、ぼろぼろの吊橋、反政府ゲリラなど、オリジナルにはなかった緊張感を煽る演出が加えられている。

ストーリー編集

ジャングルに囲まれた南米ポルベニール。そこは犯罪者、ならず者などが暮らす街でもあった。

ある日、ポルベニールから300マイルほど離れた山の上の油田で爆発事故が起こる。

石油会社の支配人は、この炎を爆薬を運び込んで消火するしか手はないと判断。しかし倉庫には少しの衝撃で大爆発を起こしかねないニトログリセリンしかない。そこで石油会社は多額の報酬を条件にポルベニールからニトロ運搬の希望者を募集する。

賭場荒らしの際にマフィア幹部の弟に重傷を負わせたため裏組織から追われるドミンゲス(ロイ・シャイダー)、不正融資で多額の焦げ付きを作って逃亡した元銀行家セラーノ(ブリュノ・クレメール)、ナチス残党狩りの殺し屋ニーロ(フランシスコ・ラバル)、パレスチナ過激派グループの爆弾犯として警察に追われるカッセム(アミドウ)の4人の男が選出される。

彼らは二台のトラックでジャングルを渡りニトロを火災現場に届けるという危険な旅に出かけるのだが、途中には泥濘、崩落寸前の吊り橋、道を塞ぐ巨大な倒木、出没する反政府ゲリラなど想像を絶する困難が待ち受けていた。

キャスト編集

役名、俳優、日本語吹替(テレビ朝日版※1980年5月25日『日曜洋画劇場』初回放送)

備考編集

  • 北米以外では約30分カットされ『Wages of Fear』と原作の英訳に改題されたバージョンが上映された。本来のエンディングではドミンゲスを追うマフィアの刺客がポルベニールに降り立ち銃声が響くというバッドエンドを予感させるものだが、これがカットされているためにエンディングの印象は全く異なったものになっている。
  • 2013年、フリードキン監督自らの手により4Kデジタルリマスター版が制作され、2013年8月29日のヴェネツィア国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに世界各国で上映された。日本では2018年11月24日に『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』のタイトルで公開された[2]

脚注編集

外部リンク編集