メインメニューを開く

恐怖王』(きょうふおう)は、江戸川乱歩の著した中編探偵小説である。

1931年昭和6年)6月から1932年(昭和7年)5月まで、『講談倶楽部』に掲載された(第一回が『魔術師』の最終回と同時掲載)。挿絵は第二回まで林唯一、第三回以降は嶺田弘。なお連載中、8月、11月、12月と合計3回、休載している。

賑やかな内容であるが、中盤から荒唐無稽な展開が多くなり、多くの謎は最後まで明らかにされることなく、唐突に結末がつけられている。乱歩は、この作品を失敗作だと見なしていた。

初刊は1932年5月に出版された平凡社版『江戸川乱歩全集」の第13巻。

なお、少年探偵団シリーズ『仮面の恐怖王』は本作とは無関係な別作品である。

主要登場人物編集

恐怖王(きょうふおう)
世間を恐怖に陥れようとする、自己顕示欲の強い犯罪者。様々な手段を使って己の名を喧伝する。
黒瀬 三吉(?)(くろせ さんきち)
通称、ゴリラ男。ゴリラのような醜い容貌で、頭をオールバックにしている。
大江 蘭堂(おおえ らんどう)
探偵作家。恐怖王に付け狙われている。
布引 庄兵衛(ぬのびき しょうべえ)
銀行家。数日前に娘を亡くす。
布引 照子(ぬのびき てるこ)
庄兵衛の娘。肺炎で世を去る。
鳥井 純一(とりい じゅんいち)
庄兵衛の銀行に勤める若い行員で、照子の婚約者。
花園 京子(はなぞの きょうこ)
大江蘭堂の恋人。恐怖王の魔手にかかる。
喜多川 夏子(きたがわ なつこ)
美しい未亡人。大江蘭堂の小説の愛読者。

あらすじ編集

恐怖王と呼ばれる怪人が、日本を震撼させていた。恐怖王は、盗んだ照子の死体とゴリラ男との結婚写真を庄兵衛に送りつけたり、腕に恐怖王の刺青をしたり、米粒に「恐怖王恐怖王恐怖王………」と細かい文字を刻んだり、飛行機雲でKyofuoとの文字を空中に描いたり、とありとあらゆる手段で自己顕示欲を満たすかのように振る舞っていた。探偵小説家・大江蘭堂はひょんなことから、その恐怖王に狙われるのだった。恐怖王とは何者なのだろうか。

出版編集

  • 角川文庫 『白髪鬼』 1973年7月
  • 春陽文庫 『恐怖王』 1995年10月