恒春庁

日本統治下台湾の行政区画
恆春庁
大日本帝国台湾の庁
Merchant flag of Japan (1870).svg
1901年 - 1909年 Merchant flag of Japan (1870).svg
首都 宣化里恆春街
歴史
 - 創立 1901年
 - 廃止 1909年
行政区画 2支庁


恆春庁(恒春庁、こうしゅんちょう)は、日本統治時代の台湾の地方行政区分のひとつ。

地理編集

蚊蟀、枋山の2つの支庁から構成された[1]

歴史編集

沿革編集

  • 1901年(明治34年)5月 - 台南県恆春弁務署が分立し成立する[1]。同年10月、二十庁制の施行。
  • 1909年(明治42年)10月25日 - 阿緱庁に編入し廃止となり、阿緱庁恆春、蚊蟀、枋山各支庁となる[1]

行政編集

歴代庁長編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 阿緱廳 (1918-11-25). 阿緱廳 第一統計摘要