メインメニューを開く
恒貞親王/『前賢故実』より

恒貞親王(つねさだしんのう、天長2年(825年) - 元慶8年9月20日884年10月12日))は、平安時代前期の皇族淳和天皇の第二皇子。仁明天皇皇太子(のち廃される)。品位は三品。異称は亭子親王。法名は恒寂

目次

来歴編集

異母兄・恒世親王の薨去後、淳和天皇の後継者と目された。天長10年(833年)従兄にあたる仁明天皇の即位に際し、嵯峨上皇の意向により立太子承和5年(838年)紫宸殿において元服するが、天皇に拝謁する際に礼儀を備えており、紫宸殿を降りて拝舞する様子も雅やかで麗しかったという。その後、淳和上皇や恒貞親王は権力闘争に巻き込まれる事を憂慮して度々皇太子の辞退を申し入れたものの、嵯峨上皇や仁明天皇に慰留されてしまう[1]。しかし承和9年(842年)嵯峨上皇の崩御後まもなく発生した承和の変により、皇太子を廃された。

嘉祥2年(849年)三品に叙せられるが、まもなく出家して恒寂と号した。真如法親王から灌頂を受け、嵯峨大覚寺の初祖となった。仏道に深く帰依して常に精進持戒したという。元慶8年(884年)陽成天皇が実質的に廃位されると皇位継承問題が生じ、その際に即位を要請されたがこれを拒絶している。己の最期を悟ると、衣服を浄め仏前に香華を備え、西方に向かって結跏趺坐の姿勢を取って入寂したと伝えられている。

人物編集

性格はゆったりとして優雅であり、姿形が美しかったという[2]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『恒貞親王伝』
  2. ^ 日本三代実録』元慶8年9月20日条

参考文献編集

関連項目編集