恥丘

恥骨結合上に見られる丸みを帯びた脂肪組織の塊

恥丘(ちきゅう、別名:ヴィーナスの丘)とは、一般的に女性陰裂上部の緩やかな盛り上がり(隆起)を指すことが多い。

恥丘
Poolside anterior view of mons pubis.jpg
ラテン語 mons pubis
英語 Mons pubis
器官 女性器
テンプレートを表示

概要編集

恥骨が内部から張り出す事で隆起を形成し、女性の生殖器を外的衝撃から保護する。思春期になると、恥丘と大陰唇の皮下脂肪が多くなり、膨隆する[1]

なお、恥毛が発毛する前の女児や少女の場合、本来の意味の恥丘に加え、陰裂大陰唇を総じて表現する言葉としても「恥丘」の語が用いられる。

俗に「土手」「モリマン」とも。

男性編集

男性にも恥丘は存在するが、体質的に女性ほど盛り上がりが少ないため分かりづらい。 位置としては女性同様、指で少し押すと恥骨に当たる部分( 男性器のすぐ上)である。

 
男性の恥骨

先述したように女性の生殖器を外的衝撃から保護するために存在するものであるが、主に男女間で挿入の伴う性行為を行う際に正常位で行われる事が多いため、その時に発生する男性からのピストン運動による衝撃から守るのに役立っている。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集