メインメニューを開く

恭子女王(きょうし(たかこ)じょおう、永観2年(984年) - 薨年不詳)は、平安時代中期の皇族伊勢斎宮為平親王王女村上天皇皇孫)、母は左大臣源高明。同母兄弟に源憲定源顕定源頼定婉子女王などがいる。

一条天皇斎宮として、寛和2年(986年)8月8日に3歳で卜定される。その後宮内省初斎院入り、永延元年(987年)9月13日、野宮に移る。同2年(988年)9月20日、5歳で乳母に抱かれて群行の儀に臨み、伊勢へ群行した(長奉送使権中納言藤原道兼)。長保2年(1000年)11月7日、17歳で著裳寛弘7年(1010年)11月7日、父為平親王薨去により27歳で退下。一条天皇朝のほぼ全期間、24年に渡る長期の在任であった(歴代斎宮の中でも、柔子内親王に次いで2番目に長い)。寛弘8年(1011年)4月21日に大祓を行い、同年5月25日に帰京。その後の消息は不明。

一条天皇の中宮定子と仲睦まじく、文を交し合っていたと言われている。


参考文献編集