恵公(けいこう、生年不詳 - 紀元前535年)は、春秋時代君主。名は款。懿公の子。紀元前545年、懿公の後を受けて燕国の君主となった。

恵公
王朝
在位期間 前545年 - 前536年
諡号 恵公
没年 紀元前535年
懿公

紀元前539年、恵公は大夫たちを解任して、寵臣を大夫に立てようとしたため、大夫たちの反発を受けた。寵臣宋を殺害されると、恵公はに亡命した。

紀元前536年、斉の景公に赴き、燕に対する共同の出兵を申し入れた。晋の平公はこれを受け入れ、晋と斉の連合軍が燕を攻撃した。紀元前535年、燕の国人たちは屈服し、恵公は帰国できたが、まもなく死去した。

参考文献編集

先代:
懿公
の君主
紀元前545年 - 紀元前535年
次代:
悼公