メインメニューを開く

恵庭開発

札幌市東区にある企業
画像提供依頼:各施設外観の画像提供をお願いします。2016年10月

恵庭開発(えにわかいはつ)は、札幌市東区にある企業

恵庭開発株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
札幌市東区
設立 2003年
事業内容 ゴルフ場の運営、太陽光発電
代表者 柴田陽子(代表取締役社長)
関係する人物 柴田和徳
テンプレートを表示

概要編集

名古屋市にあったコスモグラフィックを経営していた柴田和徳を中心に、北海道拓殖銀行の経営破綻によってで経営難となった恵庭カントリー倶楽部を再建するために設立した[1]。また、民事再生法を申請した登別リゾート開発の経営権を取得し、登別カントリー倶楽部の再建も行っている[2]

かつては札幌市や函館市でホテル施設の管理を手掛けていたが、現在は北海道内外で太陽光発電事業に取り組んでいる[3]

沿革編集

ゴルフ場編集

恵庭カントリー倶楽部編集

恵庭カントリー倶楽部
Eniwa Country Club
所在地   日本
北海道恵庭市盤尻53-2
  概要
開業 1991年
運営 恵庭開発
設計 富沢廣親
  コース
支笏コース
阿寒コース
摩周コース

  その他
公式サイト 恵庭カントリー倶楽部
テンプレートを表示

コース

  • 総面積:1,344,219 m²
  • 全長:10,593 y
  • ラウンド順路
    • 支笏コース→阿寒湖コース
    • 阿寒コース→摩周コース
    • 摩周コース→支笏コース
支笏コース
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
B.T 404 400 518 442 192 369 562 242 441 3,570
R.T 379 366 496 404 145 347 540 166 377 3,220
F.T 353 343 468 380 131 327 515 145 354 3,016
L.T 324 320 445 355 120 303 493 145 333 2,838
Par 4 4 5 4 3 4 5 3 4 36
阿寒コース
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
B.T 409 506 406 209 405 498 385 203 550 3,571
R.T 381 481 359 161 360 401 358 178 525 3,204
F.T 355 435 342 136 337 311 332 149 484 2,881
L.T 344 383 320 118 337 311 309 122 451 2,695
Par 4 5 4 3 4 4 4 3 5 36
摩周コース
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
B.T 416 403 519 173 410 377 215 546 393 3,452
R.T 381 378 492 154 385 352 174 522 364 3,202
F.T 351 345 470 138 364 329 151 490 336 2,974
L.T 330 325 445 119 337 292 116 447 305 2,716
Par 4 4 5 3 4 4 3 5 4 36

施設

  • クラブハウス
    • レストラン
    • ミーティングルーム
    • 特別室

開催トーナメント

アクセス

登別カントリー倶楽部編集

登別カントリー倶楽部
Noboribetsu Country Club
所在地   日本
北海道登別市上登別町9-1
  概要
開業 1988年
運営 登別リゾート開発
設計 深堀圭一郎(監修)
  コース
札内コース

  その他
公式サイト 登別カントリー倶楽部
テンプレートを表示

コース

  • 総面積:1,240,000 m²
札内コース
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
B.T 431 375 187 441 605 411 397 183 496 3,526
R.T 407 319 166 406 548 383 372 165 471 3,237
F.T 374 319 144 384 503 348 307 132 471 2,982
Par 4 4 3 4 5 4 4 3 5 36
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 IN TOTAL
B.T 403 585 376 180 426 202 438 546 412 3,568 7,094
R.T 367 547 328 162 403 187 410 501 369 3,274 6,511
F.T 307 533 328 134 374 160 382 431 369 3,018 6,000
Par 4 5 4 3 4 3 4 5 4 36 72

施設

  • クラブハウス
    • レストラン
    • コンペルーム
    • ロッカールーム
    • バスルーム
    • ショップ
  • 茶屋(13番ホール)
  • ドライビングレンジ

開催トーナメント

アクセス

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 登別カントリー倶楽部のスポンサーに恵庭開発が浮上、恵庭カントリー倶楽部との相乗効果狙う”. リアルエコノミー (2011年2月16日). 2016年10月28日閲覧。
  2. ^ 恵庭開発が経営権取得した「登別カントリー倶楽部」、新規会員900人を集め民事再生ゴルフ場の成功モデルケースに”. リアルエコノミー (2012年4月15日). 2016年10月28日閲覧。
  3. ^ a b c 恵庭開発が太陽光発電事業に本格参入、苫小牧市に続き標津町に4億円投資して1メガ施設”. リアルエコノミー (2014年5月12日). 2016年10月28日閲覧。
  4. ^ a b 5 役員の状況 -札幌国際観光の有価証券報告書”. 有報リーダー. 2016年10月28日閲覧。
  5. ^ 株式会社コスモグラフィックの株式の取得(子会社化)について”. 共同印刷 (2006年10月2日). 2011年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月28日閲覧。
  6. ^ a b 恵庭CC(北海道)が札幌ロイヤルホテルを買収へ”. 椿ゴルフ (2007年11月2日). 2016年10月28日閲覧。
  7. ^ 恵庭カントリー倶楽部 札幌ロイヤルホテルを買収へ”. ゴルフホットライン (2007年11月2日). 2016年10月29日閲覧。
  8. ^ センチュリーロイヤルがリニューアル、応援したい地場企業とホテル”. 北杜の窓 (2008年7月16日). 2016年10月29日閲覧。
  9. ^ “センチュリーロイヤル、マルセンに営業権売却 恵庭開発”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2010年8月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC04009_U0A800C1L41000/ 2016年10月28日閲覧。 
  10. ^ “登別CCの支援先が恵庭開発に -4月にも営業再開”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2011年2月21日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2011/02/21/20110221m_04.html 2016年10月28日閲覧。 
  11. ^ 恵庭開発が函館のビジネスホテル『リソル函館』の信託受益権取得、北海道新幹線新函館開業を睨み投資活発化”. リアルエコノミー (2012年6月14日). 2016年10月28日閲覧。
  12. ^ “子会社の異動(譲渡)及び特別損失の計上に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), マルハニチロホールディングス, (2012年7月9日), https://www.maruha-nichiro.co.jp/news/pdf/hakodatekokusaihotel.pdf 2016年10月28日閲覧。 
  13. ^ 恵庭開発が旧札幌ロイヤルホテルの一部敷地をフナコシヤに売却、地上14階建てマンション建設”. リアルエコノミー (2012年7月16日). 2016年10月28日閲覧。
  14. ^ “ケン・コーポ、函館駅前のホテル取得 新幹線開業にらむ”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年12月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC2000L_Q2A221C1L41000/ 2016年10月29日閲覧。 
  15. ^ 恵庭開発が旧札幌ロイヤルホテル跡地を明和地所とリンナイに売却、13階建てマンションとガス機器ショールームに”. リアルエコノミー (2013年12月18日). 2016年10月28日閲覧。
  16. ^ a b 恵庭開発が宮崎県と広島県に太陽光発電施設 総投資額30億円に”. リアルエコノミー (2015年9月5日). 2016年10月28日閲覧。
  17. ^ 恵庭開発が「函館国際ホテル」売却 姫路に10MW級で太陽光発電にシフト”. リアルエコノミー (2016年8月10日). 2016年10月28日閲覧。
  18. ^ 第44回日本プロゴルフシニア選手権大会 コマツカップ”. 日本プロゴルフ協会. 2016年10月28日閲覧。
  19. ^ 第45回日本プロゴルフシニア選手権大会 コマツカップ”. 日本プロゴルフ協会. 2016年10月28日閲覧。
  20. ^ 大会ポスター (PDF)”. ネスレ日本. 2016年10月29日閲覧。
  21. ^ ISPS ハンダカップ 秋晴れのシニアマスターズ”. 国際スポーツ振興協会. 2016年10月29日閲覧。

参考資料編集

外部リンク編集