恵比寿島(えびすじま)は、松島湾内の双願山沖、宮城県宮城郡松島町にある

同じ読みの恵比須島と大変紛らわしく(インターネット上では混同されている例が多い)、また夷島戎島とも間違わぬよう注意が必要。

標高およそ6m、周囲100m余りの砂岩で形成された小島で、無人島となっている。

付近にある大黒島(だいこくじま)、毘沙門島(びしゃもんじま)、雁金島(かりがねじま)、布袋島(ほていじま)と共に五福島(ごふくじま)とも呼ばれており、本土の双願山からのこれらの島の眺望は、松島の代表的な風景のひとつとして知られている。

また乱獲でこの地方から一旦姿を消したの一種であるセッコク1999年から地元の人々の手で島に移植し、復活させる取り組みも行われている。

外部リンク編集