メインメニューを開く

悠真 倫(ゆうま りん、9月14日 - )は、宝塚歌劇団専科に所属する男役。元花組副組長

大阪府豊中市聖母被昇天学院高等学校出身。身長168cm。愛称は「まりん」「るいこ」。

目次

略歴編集

小学生時代から宝塚コドモアテネに通う。元雪組2番手スターの彩吹真央は当時からの幼馴染[1]

1993年4月 、宝塚音楽学校に入学。

1995年3月 、81期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は11番。『国境のない地図』で初舞台。
同期生には、大和悠河(元宙組トップスター)、真飛聖(元花組トップスター)、ふづき美世(元花組トップ娘役)、舞風りら(元雪組トップ娘役)、花瀬みずか[2](元月組副組長)などがいる。

1995年花組に配属。

2001年、2006年にエンカレッジコンサートに3度出演。(これは絵莉千晶と同じく最多出演)

2008年、第6回イゾラベッラ・アットホームサロンコンサートに出演。

2009年6月までスカイステージのスカイレポーターズを務める。

2012年夏美よう専科異動に伴い、高翔みず希が組長に昇格したため、3月19日付けで花組副組長に就任。

2014年5月12日付けで、専科へ異動。

主な舞台編集

花組所属時代編集

専科所属時代編集

  • 2014年6月、『ノクターン -遠い夏の日の記憶-』(花組・バウ)ヴォンファーチ
  • 2014年8月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』(花組)マックス
  • 2015年1月、『Earnest in Love』(花組・東京国際フォーラム)ブラックネル
  • 2015年6月、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(星組・赤坂ACTシアター、シアタードラマシティ)ロジャー・ストロング
  • 2015年8月、『オイディプス王』(専科・バウ)コイントスの使者
  • 2015年10月、『相続人の肖像』(宙組・バウ)ロザムンド
  • 2016年2月、『Earnest in Love』(花組・梅田芸術劇場、中日劇場)ブラックネル
  • 2016年7月、『エリザベート - 愛と死の輪舞 -』(宙組)マックス
  • 2017年1月、『燃ゆる風 - 軍師・竹中半兵衛 -』(星組・バウ)木下藤吉郎(羽柴秀吉)
  • 2017年4月、『幕末太陽傳』(雪組)仏壇屋倉造
  • 2017年11月、『神家の七人』(専科・バウ)ハリー・スミス
  • 2018年6月、『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald's last day~フィッツジェラルド最後の一日』(月組・日本青年館、シアタードラマシティ)YUMA/マックスウェル・パーキンズ(マックス)
  • 2018年11月、『蘭陵王 —美しすぎる武将—』(花組・シアタードラマシティ、KAAT神奈川芸術劇場)斛律光
  • 2019年1月、『パパ・アイ・ラブ・ユー』(専科・バウ)ヒューバート・ポニー医師

脚注編集

  1. ^ 歌劇」2010年4月号「彩吹真央退団特集」より
  2. ^ 花瀬みずかとは高校時代、伊丹空港の空港内施設でアルバイトをしていた時からの知り合い。「歌劇(2005年11月号)」の取材に対し、「お互い宝塚志望と知り、すぐに仲良くなった。」と語っている。また、「合格発表で(花瀬みずかと)再会した時には驚いた」と語っている。
  3. ^ 二幕の『天使の季節』は出演していない。

外部リンク編集