医療後送(いりょうこうそう; 英語: Medical evacuation, MEDEVAC)は、医療行為を行いつつ傷病者を医療機関に搬送する行為[1]。またそのために用いられるヘリコプターを単にMEDEVACと称することもある[2]。なお、負傷者後送 (CASEVACは医療行為を行わない負傷者の後送として区別される[1][注 1]。また、より高次の医療機関に航空機で転送することを航空医療後送 (AEと称する[1]

負傷者後送 (CASEVAC)編集

 
朝鮮戦争において負傷者を後送するアメリカ空軍のシコルスキーR-5ヘリコプター

航空機による傷病者の輸送はまずCASEVACとして着手され、1870年代初頭に普仏戦争パリを占領していたプロイセン軍が観測気球を用いて行ったのが端緒とされる[1]。また固定翼機による最初の患者空輸は、第一次世界大戦中の1915年秋にセルビアで行われた[3]フランスのパイロットであったルイ・ポーランスロバキアのパイロットであったミラン・シュテファーニクを航空機で救助した[4]

また1930年代には、回転翼機による傷病者の輸送が試みられるようになった。アメリカ陸軍オートジャイロに担架収容用のバスケット2基と軽症者用の座席を追加し、1936年には医療野外役務学校(MFSS)において試験を行った。この結果、有用性は認められたが、既に第二次世界大戦の開戦が迫っており、予算難から実用化には至らなかった。その後、ヘリコプターが発達し、1942年にR-4が発注されると、救急機としても注目された。同機は単座ではあるが胴体の左右に担架を載せることができ、陸軍資材センターによる試験結果を受けて、陸軍軍医部は、同機は救急機として有用であると結論した[1]

実任務としては、1944年4月25日から26日にかけて、当時、日本軍が占領していたビルマにおいて、アメリカ陸軍のカーター・ハーマン少尉がYR-4Bを用いて、敵地内に開設された第1特任航空群の秘密飛行場を経由して1名のアメリカ人パイロットと3名の負傷したイギリス兵を1名ずつ4往復で救助したのが最初であった[5]。敵火の下での患者後送は、1945年にマニラにおいて、5名のパイロットが75~80名の兵士を1~2名ずつ救出したのが最初であった[6]

その後、朝鮮戦争ではより本格的にヘリコプターによるCASEVACが展開された。1951年、第8軍は3個のヘリ分遣隊を編成して11機のOH-13を運用している。1953年7月の休戦までの間に、OH-13は約17,700名の傷病者を搬送する実績を挙げた。また同時期には、インドシナ戦争でもフランス軍がヘリコプターによるCASEVACを行なっており、1950年4月から1954年初頭までに約5,000名を搬送した[1]

その後、アメリカ合衆国が南ベトナムを支援しての軍事介入を開始すると、再び同地でヘリコプターによるCASEVACが行われるようになった。1962年4月には、最新のHU-1A(後のUH-1A)を運用する第57医療分遣隊(ヘリコプター救急)が南ベトナムに展開し、後に機材をHU-1Bに更新した。同隊の行動範囲が広がるのに伴って無線交信でのコールサインが必要になり、「ダストオフ」と決せられたが、これはヘリコプターによるCASEVACそのものの代名詞として広く使われるようになった[1]

医療後送 (MEDEVAC)編集

アメリカ軍がベトナムへ本格参戦するとともに、1965年初頭より死傷者が一気に増えていった。これに対応して1966年3月に第44医療旅団がベトナムに派遣されたのに続いて、翌々年にかけて4個医療群が編成された。各医療群の下には、HU-1Bよりもキャビンを大型化したUH-1Dで医療後送を行う医療中隊(航空救急)、医療分遣隊(ヘリコプター救急)が編成されていた。また高温多湿でしかも高地という悪環境下でダストオフ・ミッションを安全に実施するため、エンジンを強化したUH-1Hも優先的に配備された[1]

1991年湾岸戦争でも中東各地に医療中隊・医療分遣隊が展開しており、赤十字を描いたUH-1HやUH-60Aを運用した。またアメリカ陸軍では、90年代後半より、UH-60AをベースにFLIRを追加したMEDEVAC専用機としてUH-60Qを調達したほか、エンジンを強化するとともにコクピットをデジタル化したHH-60Mの運用も始まっている[1]

航空医療後送 (AE)編集

 
C-17輸送機による航空医療後送(2007年)

アメリカ陸軍航空軍では、第二次世界大戦中に医療航空後送飛行隊(Medical Air Evacuation Squadrons, MAES)を編成してC-46を運用し、戦後はC-54などを運用した。これらの部隊・機材はアメリカ空軍に引き継がれ、空軍・海軍の航空輸送部門がMATS (Military Air Transport Serviceとして統合されたのち、1950年代にはその隷下に航空医療後送飛行隊(Aeromedical Evacuation Squadron, AES)が編成され、C-47やC-54はC-118C-131に更新された。特に1954年から運用を開始したC-131Aは、本格的なAE機に改装された最初の機体であった[1]

これらの機体のAEミッションは、当初はアメリカ国内での搬送を対象としていたが、ベトナム戦争が始まった1964年にはまずヨーロッパでの海外ミッションを開始、ついでアジアへの活動の場を広げていった。また海外でのAEミッションが本格化すると、医療設備の整った米本土への搬送数も増え、これに伴いジェット機であるC-135が用いられるようになった。これにより、従来のプロペラ機ではアジアからアメリカ本土への搬送に数日を要したものが一日で済むようになり、救命率が大幅に向上した。その後、ベトナム戦争での負傷者が増えてくると、貨物輸送機に担架を配置して輸送する方法が用いられるようになり、C-119C-124C-130などが用いられた[1]

1968年からは新型のC-9Aの導入が開始され、ベトナム戦争後の1975年にはこれを用いたAEミッションを行う9AESが編成された。ただし同機は、最大で担架40床を搭載できるものの、航続距離が短く空中給油にも対応できないという問題があり、2000年代に入って老朽化が進んでも直接の後継機は導入されず、短距離であればC-21A(担架2床)やC-130(74床)、長距離ではKC-135KC-10C-141C-17といった輸送機にそのための設備を搭載してAEミッションを行うようになっていった[1]

なお航空自衛隊でも、同様に輸送機をAEミッションに使用するための機動衛生ユニットを開発・配備している[1][注 2]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ CASEVACでも、衛生兵などによる応急処置程度は行われる[1]
  2. ^ 航空自衛隊では「機上医療」と呼称する[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 石川 2020.
  2. ^ Merriam-Webster (2012年). “Medevac”. 2012年1月27日閲覧。
  3. ^ Serbia, RTS, Radio televizija Srbije, Radio Television of. “Veliki rat - Avijacija”. rts.rs. 2020年4月18日閲覧。
  4. ^ L'homme-vent, special issue of L'Ami de Pézenas, 2010
  5. ^ Fries, Patrick. When I Have Your Wounded: The Dustoff Legacy (DVD), Arrowhead Films, 2013.
  6. ^ Conner, Roger. Medevac From Luzon, Air & Space Magazine, July 2010.

参考文献編集

  • 石川, 潤一「航空医療輸送 : Aeromedical Evacuationの歴史と現状」『航空ファン』第69巻第5号、文林堂、2020年5月、 50-57頁、 NAID 40022194775

関連項目編集