鉱業従事者に対してX線写真を説明する放射線技師

患者教育(かんじゃきょういく、Patient education)とは、医療専門家が、患者や患者の介護者に対して、自身の健康にかかわる行動を変化させ、健康状態を改善させるプロセスである[1]。これは適切な訓練を受けた医療従事者によってなされるもので、これら患者コミュニケーション技術は、多くは医療者養成課程にて含まれている。

患者教育において有用な要素は、スキル構築と、責任を負うことを学ぶことである。患者は、なぜ、いつ、どのように、自身のライフスタイルを変える必要があるのかを知る必要がある。医療チーム側の努力も重要であり、チームの各メンバーがこれに関与する必要がある。

目次

利点編集

患者教育の重要性は、以下に挙げることができる。

  • 医学的状態、診断、病気、障害への理解の向上。
  • 医学的状態の様々な側面について、それを管理する方法と意味合いの理解の向上。
  • 医療から独立し、また医療と相互協力して、自分自身で行動を決定する技能の向上。
  • コンプライアンスの向上 - 効果的なコミュニケーションと患者教育は、患者のモチベーションの向上をもたらす。
  • 患者のアウトカム - 治療計画にうまく対応できる患者は、衝突が少ない
  • インフォームドコンセント - 患者は必要な情報を得て満足できる
  • 生産性 - より効果的な医療サービスの利用がなされ、不必要な電話や訪問が減少する。
  • 満足と紹介 - 医療者のサービスを受け続け、他の患者を紹介してくれる可能性が高まる[2]
  • リスク管理 - 患者の医療への期待が現実的であれば、医療過誤のリスクを低く抑えられる[3]
  • 患者の安全性の向上 - 家庭での死亡の予防につながる(特に生涯にわたる気管切開術を受けた患者)[4]

脚注編集

関連項目編集

  • Doak, C. C., Doak, L. G., & Root, J. H. (1996). Teaching patients with low literacy skills http://www.hsph.harvard.edu/healthliteracy/doak.html
  • London, F. (2009). No Time To Teach: The Essence of Patient and Family Education for Health Care Providers. Atlanta: Pritchett & Hull
  • Rankin, S. H., Stallings, K. D., & London, F. (2005). Patient Education in Health and Illness (5th ed.). Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins
  • Bastable, S.B, Grambet, P., Jacobs, K., Sopczyk, D.L. (2011). Health professionals as educator: Principles of teaching and learning. Sudbury, MA: Jones & Bartlett Learning, LLC.

関連項目編集