メインメニューを開く

患難前携挙説(かんなんまえけいきょせつ)はキリスト教終末論の説。聖書は終末に患難時代が起こると預言している。(マタイ24章、マルコ13章)この説によると、教会は患難時代の直前に、携挙される。こうして、患難時代には教会がこの地上に不在である。空中に携挙されるのは、教会を終末の患難時代から救い出すためである。ディスペンセーション主義はこの立場を取る。他には、患難中携挙説患難後携挙説がある。

参考文献編集

  • 村上久「患難」『新キリスト教辞典』いのちのことば社、1991年、212-213ページ

関連項目編集