メインメニューを開く

悪魔の恋人』(あくまのこいびと、原題:Fear)は、1996年制作のアメリカ合衆国サイコスリラー映画ジェームズ・フォーリー監督、ブライアン・グレイザー 製作、マーク・ウォールバーグリース・ウィザースプーンらが出演。

悪魔の恋人
Fear
監督 ジェームズ・フォーリー
脚本 クリストファー・クロウ
製作 ブライアン・グレイザー
リック・キドニー
カレン・スノウ
製作総指揮 カレン・ケーラ
出演者 マーク・ウォールバーグ
リース・ウィザースプーン
ウィリアム・ピーターセン
エイミー・ブレネマン
アリッサ・ミラノ
音楽 カーター・バーウェル
撮影 トーマス・クロス
編集 デヴィッド・ブレナー
製作会社 イマジン・エンターテインメント
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年4月12日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,500,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $20,831,000[1]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開で、WOWOWでの放送タイトルは『悪魔の恋人/愛が牙をむく時』。

あらすじ編集

16歳の少女ニコールは、幼い頃に両親が離婚、母親と暮らしていたが、1年ほど前から父親スティーヴンとその後妻ローラ、ローラとの間にできた幼い息子トビーと共に海辺の豪邸で暮らし始めた。しかし、ニコールは父親や新しい家族との暮らしに戸惑いを感じていた。

そんなある日、ニコールは友人に連れられて訪れたクラブでハンサムな好青年デヴィッドと知り合い、たちまちお互いに好意を寄せるようになる。だが、スティーヴンはデヴィッドの行動に違和感を抱き、交際に反対するが、すでにデヴィッドに夢中になっていたニコールは耳を貸さず、2人はますます関係を深めていく。

だがやがて、デヴィッドは狂気の本性を現し、ニコールを我が物とするため、殺人にまでも手を染めるようになる。

キャスト編集

リメイク編集

2019年現在、リメイクの計画が進行中である。主演はアマンドラ・ステンバーグ、脚本はジョナサン・ハーマンが執筆、オリジナル版と同じブライアン・グレイザーがプロデュースする予定[2][3]

脚注編集

外部リンク編集