メインメニューを開く

悪魔の棲む家』(あくまのすむいえ、The Amityville Horror)は、1974年にロングアイランドのアミティヴィルで起きたと言われる超常現象を題材にしたジェイ・アンソン著のベストセラー『アミティヴィルの恐怖』を映画化した1979年アメリカ合衆国ホラー映画

悪魔の棲む家
The Amityville Horror
監督 スチュアート・ローゼンバーグ
脚本 サンドール・スターン英語版
原作 ジェイ・アンソン
『アミティヴィルの恐怖』
製作 ロナルド・サランド
エリオット・ガイシンガー
製作総指揮 サミュエル・Z・アーコフ
出演者 ジェームズ・ブローリン
マーゴット・キダー
ロッド・スタイガー
音楽 ラロ・シフリン
撮影 フレッド・J・コーネカンプ
編集 ロバート・ブラウン・Jr
配給 アメリカ合衆国の旗 AIP
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年7月
日本の旗 1980年3月29日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $86,432,000[1]
次作 悪魔の棲む家PART2
テンプレートを表示

ストーリー編集

1974年11月13日ニューヨーク州ロングアイランドオーシャン・アベニュー112番地の大邸宅でデフェオ一家が惨殺される事件が起こる。犯人は長男のロナルド・デフェオ・ジュニア

地下室に閉じこもっていたという彼は就寝中の両親と4人の弟妹たちをライフルで次々と射殺。我に返ったロナルドは自ら警察に通報した。逮捕後、彼は「家が家族を殺すよう命じた」と主張したという。

それから1年後、子供たちとの暮らしのために新しい住まいを探していたジョージとキャシーのラッツ夫妻は、その日、新聞広告に載っていたこのアミティヴィルの大邸宅を訪れた。案内した不動産屋はこの邸宅で起きた殺人事件の事を話すが、値段の安さにひかれ夫妻は購入を決めた。

引っ越し当日、ラッツ夫妻と3人の子供たちはこれからの生活に心を躍らせるが、その夜からジョージは気分が悪くなり、やがて数々の不気味な現象が彼等を襲い始める。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

『アミティヴィルの恐怖』編集

実話を映画化した」という触れ込みの本作だが、ジェイ・アンソンのこの原作にはかなりの嘘があることが指摘されている。とはいえ、一家惨殺のあった家にラッツ一家が越してきたことや最後の結末は事実である。しかしそれは映画とは違い、経済面でのトラブルによるものである[注 1]

そんな夫妻の前に現れたのが、惨殺事件の裁判でロナルドの弁護を担当した弁護士であり、彼が夫妻に持ちかけたのが映画の設定にもあった“家に棲みつく悪魔の仕業”にし、一方で夫妻にとっては、体験談を出版することで多額の収入を得ることが出来るという話であった。そして1974年、折りしも『エクソシスト』の公開によりオカルト・ブームが巻き起こり、『アミティヴィルの恐怖』はベストセラーとなった。

評価編集

ラロ・シフリンは本作の音楽を手掛けたことにより、第52回アカデミー賞作曲賞にノミネートされた。

シリーズ編集

1979年のオリジナル以降本作は21本も続編が制作されており、2作目にはダミアーノ・ダミアーニ、3作目にはリチャード・フライシャーが監督に起用されている他、4作目では1作目の脚本家サンドール・スターンが監督と脚本を務めている。また、俳優面では3作目には無名時代のメグ・ライアンが主人公の娘の友人役で出演している。

リメイク編集

2005年にマイケル・ベイ製作によってリメイクされた。

オリジナル版とリメイク版の相違編集

1979年製作のオリジナル版は家に引っ越した一家と並行し、この家の祝別に訪れた神父も中心人物として描かれており、邸宅で起きたデフェオー一家殺人事件を捜査した刑事が登場するなど、全体的に『エクソシスト』のような感じに作られている。

それに対し、2005年製作のリメイク版はこの神父や刑事の存在を排除し、家に引っ越してきた一家が悪霊に蝕まれていく様を中心に描いている。また、オリジナル版では幽霊少女は姿を現さなかったが、リメイク版では姿を現しているところや、家に越してから態度が豹変してゆくジョージが、リメイク版では家の外に出るとその効力がなくなる等の相違が見られる。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 一応本作中でも、経済的な問題について触れている場面はある。

出典編集

  1. ^ The Amityville Horror (1977)”. Box Office Mojo. 2010年9月6日閲覧。

外部リンク編集