メインメニューを開く

悲しい色やね」(かなしいいろやね)は、1982年10月21日にリリースされた上田正樹シングルである。作詞は康珍化、作曲は林哲司、編曲は星勝が担当した。

目次

背景編集

上田正樹は、1977年の上田正樹とサウス・トゥ・サウス解散後からソロ活動をしており、1981年にはCBSソニーに移籍したが、ヒット曲に恵まれずにいた[1]。彼の楽曲のディレクターを務めていた関屋薫は、複数の作曲家に作曲を依頼した。その中の一人である林哲司は、英語詞向けに作ったメロディを作成し、関屋に提出した[1]

メロディを受け取った関屋は、林とのタッグで知られる作詞家の康珍化に作詞を依頼した[1]。その夜、康は「あの曲を関西弁の女性の視点からで書いてもよいか」と関屋に尋ねて驚かせた[1]。さらに数日後、康が提出した歌詞を読んだ林は「演歌みたいな曲が売れるわけがない」と感じた。その一方、関屋は洒落たメロディと関西弁の歌詞、そして上田のハスキーな歌声が合うと感じた[1]

最終的に、本楽曲は曲名を「大阪ベイブルース」から「悲しい色やね」に変更して売り出された[1]

歌詞の「大阪の海」は元々「尼崎の海」だったとする噂が根強くある[2]。康自身、尼崎南部の海岸から見た大阪のイメージから作詞したと発言している[2]

反響編集

本楽曲が発表された直後の売れ行きは良くなかったが、有線放送のリクエスト回数が少しずつ増えていき、翌年にはチャート上位にランクインした[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 佐々木モトアキ (2017年10月15日). “悲しい色やね〜大阪弁、女言葉で綴られた名曲はこうして生まれた”. Tap the Pop. 2017年12月24日閲覧。
  2. ^ a b 尼崎の歌 ザ・ベストテン/第6-10位 - 『南部再生』第30号、尼崎南部再生研究室、2008年。

関連項目編集