メインメニューを開く

悲しき玩具』(かなしきがんぐ、東雲堂書店、1912年6月20日)は、日本の歌人石川啄木の個人歌集。本文136頁、あとがき(土岐哀果)3頁。歌数194首、エッセイ2編。

悲しき玩具
著者 石川啄木
発行日 日本の旗1912年6月20日
発行元 東雲堂書店
日本の旗 日本
言語 日本語
コード ISBN 978-4101093031
『一握の砂・悲しき玩具』(新潮社1952年)
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

啄木の没後(1912年4月13日没)に刊行された。歌集名「悲しき玩具」は、歌集を編纂した友人哀果(善麿)が啄木の歌論風エッセイ「歌のいろ/\」(この歌集に収録)の末尾の一文から採ったものである。一般にカナシキガングと訓まれるが、啄木本人の生前の意図ではカナシキオモチャであったという[1]1910年11月から1911年8月までの作品が収録されている。歌の表記法の特徴として、三行書き、字下げ、句読点、ダッシュ、感嘆符が挙げられる。しばしば引用される歌に次のようなものがある。

  • 呼吸すれば、/胸の中にて鳴る音あり。/凩よりもさびしきその音!
  • 眼閉づれど、/心にうかぶ何もなし。/さびしくもまた、眼をあけるかな
  • 新しき明日の来るを信ずといふ/自分の言葉に/嘘はなけれど――

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 岩城之徳(日本近代文学大系23『石川啄木集』角川書店、1969年12月)。

外部リンク編集