メインメニューを開く

悲しみよこんにちは (斉藤由貴の曲)

斉藤由貴の楽曲

悲しみよこんにちは」(かなしみよこんにちは)は、斉藤由貴1986年3月にリリースした5枚目のシングルである。斉藤由貴にとっては「夢の中へ」に次ぐヒット曲となっている。2007年にはリメイクシングル「悲しみよこんにちは (21st century ver.)」が発売された。これについても併せて説明する。

悲しみよこんにちは
斉藤由貴シングル
初出アルバム『チャイム(#1)
ガラスの鼓動(#2)』
B面 お引越し・忘れもの
リリース
ジャンル J-POPアニメソング
レーベル キャニオン・レコード
作詞・作曲 森雪之丞
玉置浩二
チャート最高順位
斉藤由貴 シングル 年表
情熱
(1985年)
悲しみよこんにちは
(1986年)
土曜日のタマネギ
(1986年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

フジテレビ系アニメ『めぞん一刻』の初代オープニングテーマとして起用され、テレビアニメ版『めぞん一刻』で唯一の女性シンガーによる主題歌でもある[2]。斉藤による歌唱版の他に、劇中に器楽曲版も数回使用された。 同年のNHK第37回NHK紅白歌合戦』に歌手兼司会で出演した斉藤は歌手出番で表題曲を披露した。

収録曲編集

  1. 悲しみよこんにちは
    作詞: 森雪之丞、作曲: 玉置浩二、編曲: 武部聡志
  2. お引越し・忘れもの
    作詞: 斉藤由貴、作曲: 亀井登志夫、編曲: 武部聡志

カバーしたアーティスト編集

太字は『めぞん一刻』関連でカバーした歌手である。

リアレンジ盤編集

悲しみよこんにちは (21st century ver.)
斉藤由貴シングル
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ティームエンタテインメント
プロデュース 大川正義
チャート最高順位
斉藤由貴 シングル 年表
風の向こう
(2007年)
悲しみよこんにちは (21st century ver.)
(2007年)
テンプレートを表示

悲しみよこんにちは (21st century ver.)」(かなしみよこんにちは トウェンティ・ファースト・センチュリー・ヴァージョン)は、2007年11月28日に発売されたシングルである。発売元はティームエンタテインメント1985年から1989年頃に発表した楽曲の、ヴォーカル録り直し&リアレンジされたリテイク音源を集めたシングルである。シングルでは初めて、リミックス作品が収録された。

「家族の食卓」は、1987年5月4日付のオリコンチャートで1位を獲得したアルバム『風夢』(1987年)に収録されていた。なお、1987年のコンピレーション・アルバムYUKI'S BRAND』には「家族の食卓 (Long Version)」が収録されている。

収録曲編集

  1. 悲しみよこんにちは (21st century ver.) (4:12)
    作詞: 森雪之丞、作曲: 玉置浩二、編曲: 澤近泰輔
  2. 夢の中へ (21st century ver.) (4:04)
    作詞・作曲: 井上陽水、編曲: 澤近泰輔
    オリジナルがフェードアウトするのに対し、こちらは終わりがある。
  3. 白い炎 (21st century ver.) (4:49)
    作詞: 森雪之丞、作曲: 玉置浩二、編曲: 澤近泰輔
  4. 家族の食卓 (21st century ver.) (3:57)
    作詞: 斉藤由貴、作曲: 岡本朗、編曲: 澤近泰輔
  5. 悲しみよこんにちは ‐L.F.J.B Remix‐ (5:00)
  6. 夢の中へ ‐Funta Remix‐ (3:55)
  7. 悲しみよこんにちは (21st century ver.) Instrumental 
  8. 夢の中へ (21st century ver.) Instrumental 
  9. 白い炎 (21st century ver.) Instrumental 
  10. 家族の食卓 (21st century ver.) Instrumental 

脚注編集

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
  2. ^ アニメ版『めぞん一刻』で他に女性シンガーによる主題歌は本曲の他は劇場版『めぞん一刻 完結篇』の『硝子のキッス』(歌:姫乃樹リカ)のみである。
テレビアニメめぞん一刻オープニングテーマ
1986年3月26日(第1回) - 1986年8月27日(第23回)
- 斉藤由貴
悲しみよこんにちは
次作:
ギルバート・オサリバン
アローン・アゲイン
テレビアニメめぞん一刻オープニングテーマ
1986年9月10日 (第25回)- 1986年12月3日(第37回)
前作:
ギルバート・オサリバン
『アローン・アゲイン』
斉藤由貴
悲しみよこんにちは
次作:
安全地帯
好きさ

関連項目編集