悲恋の王女エリザベス

悲恋の王女エリザベス』(ひれんのおうじょエリザベス、Young Bess)は、1953年アメリカ合衆国伝記映画である。マーガレット・アーウィンの小説を基にジョージ・シドニーが監督、ジーン・シモンズが若き日のエリザベス1世を演じている。1933年の『ヘンリー八世の私生活』から20年ぶりにチャールズ・ロートンヘンリー8世役として出演した。テクニカラー撮影。

悲恋の王女エリザベス
Young Bess
Jean Simmons in Young Bess trailer.jpg
監督 ジョージ・シドニー
脚本 ジャン・ルスティグ
アーサー・ウィンペリス
原作 マーガレット・アーウィン
製作 シドニー・フランクリン
出演者 ジーン・シモンズ
スチュワート・グレンジャー
デボラ・カー
チャールズ・ロートン
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 チャールズ・ロッシャー
編集 ラルフ・E・ウィンタース
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年5月21日(ニューヨーク)
日本の旗 1953年11月7日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2,423,000ドル[1]
配給収入 1,645,000ドル(北米)
2,450,000ドル(海外)[1]
テンプレートを表示

キャスト編集

スタッフ編集

映画賞受賞・ノミネーション編集

出典編集

  1. ^ a b 'The Eddie Mannix Ledger', Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study, Los Angeles

外部リンク編集