悲愁 (1959年の映画)

悲愁』(ひしゅう、原題: Beloved Infidel)は1959年アメリカ合衆国映画

悲愁
Beloved Infidel
監督 ヘンリー・キング
脚本 サイ・バートレット
原作 シーラ・グレアム
ジェロルド・フランク
製作 ジェリー・ウォルド
出演者 グレゴリー・ペック
デボラ・カー
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 レオン・シャムロイ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年11月17日
日本の旗 1960年4月27日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 234万ドル[1]
テンプレートを表示

出演はグレゴリー・ペックデボラ・カーなど。コラムニストのシーラ・グレアムが作家のF・スコット・フィッツジェラルドとの情事を書いた自伝『Beloved Infidel』を原作としている。

ストーリー編集

シーラ・グレアムはロンドンの孤児院で育ちながらも渡米後、自身の美しさと才能を武器にハリウッドスターのゴシップを新聞に執筆していた人気のゴシップコラムニストだった。ある日、シーラは名評論家カーターのパーティで、作家F・スコット・フィッツジェラルドと出会い親しくなる。スコットは入院する妻と東部の学校にいる娘のことで金に苦しみ、筆を絶ち、酒に溺れていた。

ある時、彼はハリスに脚本執筆を頼まれ元気になり、シーラを誘ってメキシコに行く。メキシコの海で彼は、シーラに自らの愛を告げる。シーラも自分の生い立ちを告白し、2人の愛情はより深いものとなったが…

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1972年6月7日『NET 映画招待席』)

F・スコット・フィッツジェラルド
グレゴリー・ペック阪脩
シーラ・グレアム
デボラ・カー高山真樹
カーター
エディ・アルバート細井重之
ジョン・ホイーラー会長
フィリップ・オバー千葉耕市
スタン・ハリス
ハーバート・ルドリー加藤正之
ロビンソン
ケン・スコット北村弘一
映画監督
トム・グリーンウェイ国坂伸
ジョンソン
A・キャメロン・グラント水島晋
その他吹替
村松康雄浅井淑子安田隆野本礼三沢田敏子徳丸完

※日本語吹き替えは上記の他、ザック・プロモーション制作で1983年4月29日に放送されたTBS版も存在する[2]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. 978-0-8108-4244-1. p252
  2. ^ 外画 吹き替え”. ザック・プロモーション. 2020年5月31日閲覧。

外部リンク編集