メインメニューを開く

悼公(とうこう、紀元前587年 - 紀元前558年)は、中国春秋時代の君主(在位:紀元前573年 - 紀元前558年)。襄公の曾孫(祖父は桓叔捷、父は恵伯談)にあたり、即位する前までの王都・洛邑で学問を積んでいたことから公孫周、または周子と呼ばれた。

欒書荀偃(中行偃)によって厲公が殺されると、晋に迎えられて君主となった。 文公の治世を理想とし、韓厥智罃を正卿に、魏絳を中軍司馬に、羊舌肸(叔向)を世子の彪(後の平公)の傅とするなど、賢者を任用し内治を整え[1]、諸侯と会盟しと和を結ぶなど、鄢陵の戦い以来、晋に傾いていた覇権を磐石なものにしたが、29歳で死去した。

晋の最後の名君と謳われたが、悼公の時代はなどとの戦いが続き戦果は芳しくなく、国内では公室の力が弱まり大夫や貴族たちの力が増大した。

脚注編集

  1. ^ 春秋左氏伝』成公18年