悼公 (許)

許の君主

許 悼公(きょ とうこう、? - 紀元前523年)は、春秋時代諸侯国の君主の一人[1]。姓は、名は。在位期間は紀元前546年から紀元前523年とされている。

悼公 姜買
17代
王朝
在位期間 紀元前546年 - 紀元前523年
姓・諱 姜買
諡号
生年 不明
没年 紀元前523年
霊公
許男斯

生涯編集

元年(紀元前546年)夏、叔孫豹中国語版趙武屈建の公孫帰生・の石悪・の孔奐・良霄中国語版・許人・人らとで会合した。

二年(紀元前545年)、宋での盟を反故にし、魯の襄公・宋の平公・陳の哀公・鄭の簡公・許の悼公が楚に赴いた。

三年(紀元前544年)夏四月、楚の康王を葬った。許の悼公及び、魯の襄公・陳の哀公・鄭の簡公が送葬し、西門外まで見送った。諸侯の大夫は皆、墓まで見送った。郟敖が即位して王子囲令尹となった。

四年(紀元前543年)、鄭の良霄が許に出奔したが、鄭人によって良霄は殺された。

九年春正月(紀元前539年12月),悼公如楚,楚霊王止之;遂止鄭簡公,復田江南,悼公与焉。夏,悼公・楚霊王・蔡霊侯・陳哀公・鄭簡公・徐公・滕成公・頓公・胡公・沈子・邾荘公・小邾穆公・宋世子佐・淮夷会於申。秋,七月,悼公・楚霊王・蔡霊侯・陳哀公・胡公・頓公・沈子・淮夷伐呉,宋世子佐・鄭簡公先帰,宋華費遂・鄭大夫従。使屈申囲朱方。八月甲申,克之,執斉慶封而尽滅其族。将戮慶封,椒挙曰:“臣聞無瑕者可以戮人。慶封惟逆命,是以在此,其肯従於戮乎?播於諸侯,焉用之?”王弗聴,負之斧鉞,以徇於諸侯,使言曰:“無或如斉慶封弑其君,弱其孤,以盟其大夫!”慶封曰:“無或如楚共王之庶子囲(霊王)弑其君兄之子員(郟敖)而代之,以盟諸侯!”王使速殺之。遂以諸侯滅頼。頼子面縛銜璧,士袒,輿櫬従之,造於中軍。王問諸椒挙,対曰:“成王克許,許僖公如是。王親釋其縛,受其璧,焚其櫬。”王従之。遷頼於鄢。楚霊王欲遷許於頼,使鬬韋亀与公子弃疾城之而還。

十年(紀元前537年)冬、許の悼公・楚の霊王・蔡の霊侯・陳の哀公・頓公中国語版沈子人・人がを討伐した。

十四年(紀元前533年)春二月庚申1月28日)、楚の公子弃疾(後の平王)が許を葉から夷(後の城父邑)に遷都させた。

楚の霊王は蔡を滅ぼした時に、許・中国語版中国語版を荊に遷していた。十八年(紀元前529年)秋、楚の平王は元に戻した。

二十三年(紀元前524年)、楚は許を析(後の白羽邑)に遷した。

二十四年(紀元前523年)夏、悼公は病に罹った。五月戊辰4月8日)、世子止中国語版が薬を薦め、その薬によって亡くなった。世子止は晋に奔した。そのため、「弑其君(その君を殺した)」とある。君子の評は「尽心力以事君、捨薬物可也」とある。冬、悼公を葬った。

家庭編集

編集

編集

脚注編集

  1. ^ 金栄権著 (2012.07). 周代淮河上游諸侯国研究. 鄭州:河南大学出版社. pp. 107. ISBN 978-7-5649-0686-3 

参考文献編集

  • 楊伯峻《春秋左傳注》,2005年,北京,中華書局
悼公
の君主

不明 - 紀元前523年

先代:
霊公
の君主
紀元前546年 - 紀元前523年
次代:
許男斯