メインメニューを開く

悼公(とうこう、紀元前?年 - 紀元前585年)は、春秋時代の君主。姓は姫、名は沸(ひ、『春秋左氏伝』ではと表記)。

悼公 姫沸
公(周制による爵位は伯)
王朝
在位期間 紀元前587年 - 紀元前585年
都城 新鄭
姓・諱 姫沸(費)
諡号 悼公
生年 不詳
没年 紀元前585年
襄公

生涯編集

襄公の子として生まれる。

襄公18年(前587年)3月、襄公が薨去したため、子の公子沸が立って鄭君(以降は悼公と表記)となった。11月、公孫申は軍を率いてに赴き、昨年許から奪った土地を領内に入れて国境を正そうとした。しかし、許の人がこれを襲撃し、展陂(てんひ:許の地)で破ったため、悼公は許を攻撃して鉏任(しょじん)・泠敦(れいとん)の田を取った。これに対してが許を救って鄭を攻撃し、汜祭(鄭の地)を取ったので、鄭の同盟国であるは子反を遣わして鄭の救援に向かわせた。悼公と許の霊公は子反にそれぞれの言い分を訴えたが、子反は「今は判決を下せない」とした。

悼公元年(前586年)、許の霊公が楚に鄭を悪く言ったため、悼公は弟の睔(こん)を遣わし、楚に直訴させた。しかし、鄭の言い分が正しくなかったとして楚は睔を捕らえた。これに対し悼公はに赴き、晋と和親した。一方、睔は楚の子反と結託し、子反の取りなしによって帰国することができた。12月、悼公は晋・の君主たちと蟲牢(ちゅうろう:鄭の地)で同盟を組んだ。

悼公2年(前585年)春、悼公は晋に赴いて和平が成立したことの礼を述べた。6月、悼公が薨去し、弟の公子睔が立って鄭君(成公)となった。

参考資料編集

先代:
襄公
君主
前587年 - 前585年
次代:
成公