悼太子(とうたいし、? - 紀元前267年)は、中国戦国時代の第28代君主、第3代の王である昭襄王の長子。は嬴、は不明。への人質として出されており、紀元前267年に魏で亡くなった。

悼太子
太子
王朝
諡号 悼太子
没年 前267年
昭襄王
陵墓 芷陽

紀元前265年に昭襄王は亡くなった悼太子の弟で公子柱こと安国君(後の孝文王)を太子として指名した[1]

参考文献編集

  1. ^ 史記』 巻五 秦本紀「秦昭襄王 四十年,悼太子死魏,帰葬芷陽… 秦昭襄王 四十二年,安国君為太子。」