メインメニューを開く

概要編集

情報学は、文系と理系の双方にまたがっている。このため、情報学部の類型には、文系的な分野と理系的な分野の双方を総合的に扱っているもの、文系的な分野を主に扱っているもの、理系的な分野を主に扱っているものの3つがある。文系と理系の双方を総合的に扱う情報学部においては、情報学を文理融合の学問と捉えて教育研究が行われる場合が多い。なお、文系と理系の双方を総合的に扱う情報学部には、文系学科と理系学科が併設されているものと、単一の学科で総合的な教育と研究を行うものの2つの形態が見られる。

情報に関する学部は、その学際性の性質から名称や定義に内容は類似するが微妙に名称の異なる学部が多いと考えられることもある。学科・課程などを問わずに卒業後に、付記される専攻分野の名称が「情報学」である「学士(情報学)」の学位が授与される学部は、情報学部と同じ内容の教育を行っていると捉えることが可能である。しかし、そうでない場合は、あくまで学則等に掲げられている「学部の目的」および「教育課程」に照らして判断することが求められる。

総合情報学部情報科学部は、1990年代後半より、ともに情報学部と扱う内容が似ている学部として捉えられてきており、2010年代において6~7学部ずつそれぞれ日本国内に設置されている。このうち総合情報学部は文系と理系の双方を総合的に扱うものが多く、情報科学部は理系を主に扱っているものが多い。

また、2010年代後半からは、人工知能AI)やデータ分析の需要の高まりを背景に、情報学部や情報科学部、工学部情報工学科といった情報分野を学べる工学系や学際系の学部の人気が高まり、ニーズに合わせた学部新設が多くみられる。(2018年度には滋賀大学、広島大学、横浜市立大学などで学部新設、2020年度には長崎大学、福知山公立大学などが新設を表明)

歴史編集

日本大学における情報技術の研究・教育は主に既存の工学部理工学部理学部での情報関連学科で行われていた。しかし情報社会の到来によって情報に関する技術者の育成や研究の深化が望まれるようになると、工学部や理学部からの枝分かれとして、あるいは新設学部として情報学部を設立する動きがめばえ始める。

情報学部の設置は、1980年昭和55年)に文教大学広報学科と経営情報学科を有する学部を新設し、その時に「情報学部」という名称を用いたのが始まりである(文教大学の情報学部は、1986年(昭和61年)に情報システム学科を、2014年(平成26年)に情報社会学科、メディア表現学科を増設している。)。その後、情報学部の新設を行う大学はしばらくなかったが、情報学部のみの帝京技術科学大学(現在の帝京平成大学)が1987年(昭和62年)に開学するなど、ほかの大学でも少しずつ設置が増えていき(帝京平成大学の情報学部は、2005年平成17年)に現代ライフ学部に改称された)、1995年(平成7年)には国立大学である静岡大学に情報学部が設置され話題を集めた。2000年(平成12年)以後は情報学部やそれに類似する学部の設置が急増している。

学部内の組織編集

情報学部を置く・置いていた大学一覧編集

情報学部をおく大学・情報学部をおいていた大学の一覧は、次の通りである。なお、「※」の記号を付した大学は、現在情報学部をおく大学ではなく、過去に情報学部をおいていた大学である。

国立大学編集

国立大学においては、静岡大学名古屋大学が「情報学部」を設置し、筑波大学が「情報学群」(学校教育法が規定する「学部以外の教育研究上の基本となる組織」の1つであり、情報学群は、教育上の組織である)を設置している。

公立大学編集

私立大学編集

近年、情報系学部を新設した大学編集

2018年度に開設の大学
2019年度に開設の大学
2020年度に開設の大学(令和2年4月新設)


名称に「情報」を有する学部編集

脚注編集

関連項目編集