一般財団法人情報通信振興会(じょうほうつうしんしんこうかい)は、情報通信の普及発達や情報通信関係者の技能知識の向上を図ることを主な目的とする非営利団体である。元総務省所管。 略称は、旧称の電波振興会(Denpa Shinkou Kai)、電気通信振興会(Denkitsushin Shinkou Kai)にちなむDSK

情報通信振興会
団体種類 一般財団法人
設立 2011年6月1日
所在地 東京都豊島区駒込2-3-10
電波会館1,2階
北緯35度44分16秒 東経139度44分50秒 / 北緯35.73778度 東経139.74722度 / 35.73778; 139.74722座標: 北緯35度44分16秒 東経139度44分50秒 / 北緯35.73778度 東経139.74722度 / 35.73778; 139.74722
法人番号 3013305001741
起源 任意団体 電波振興会
主要人物 理事長 寺崎明(2017年7月就任)[1]
活動地域 日本の旗 日本
基本財産 300,136,380円(2021年5月末現在)[2]
ウェブサイト https://www.dsk.or.jp/
1950年 任意団体電波振興会として設立
1952年 財団法人電波振興会に改組
1985年 電気通信振興会と改称
2011年一般財団法人に移行、情報通信振興会と改称
テンプレートを表示

概要編集

主要業務

  • 情報通信行政に関する調査研究及びICT普及振興業務
  • 情報通信施設の設置及び利用に関する調査・支援
  • 無線局用業務図書及び情報通信業務参考図書等の刊行頒布
  • 無線従事者の育成及び知識技能の向上のための図書類の刊行頒布並びに講習
  • 情報通信関係者の知識の向上

沿革編集

  • 1950年(昭和25年)- 任意団体電波振興会として設立、本部は東京都港区飯倉町(現・麻布台
  • 1952年(昭和27年)- 財団法人に移行、雑誌電波受験界』発刊
  • 1983年(昭和58年)- パーソナル無線の申請代行業務を開始(ロムカートリッジ書込みを含む)
  • 1985年(昭和60年)- 電気通信振興会と改称
  • 1995年(平成7年)- 本部が東京都豊島区駒込に移転
  • 2010年(平成22年)- パーソナル無線の申請代行業務を終了(ロムカートリッジ書込みは継続)[3]
  • 2011年(平成23年)- 一般財団法人に移行し情報通信振興会と改称[4]
  • 2014年(平成26年)- 電波法令wikiをオープン[5]
  • 2017年(平成29年)- 電波法令wikiを情報通信法令wikiに拡充[6]
  • 2018年(平成30年)- 電波受験界休刊[7]、「電波受験界」ホームページ開設[8]
  • 2021年(令和3年)- パーソナル無線のロムカートリッジ書込み業務を終了[9]
  • 2022年(令和4年)- 情報通信法令wikiを中止[10]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 理事長あいさつ(情報通信振興会 - 当会のご案内) - ウェイバックマシン(2019年12月30日アーカイブ分)
  2. ^ 貸借対照表(令和3年5月31日現在)(情報通信振興会 - 情報公開) - ウェイバックマシン(2021年9月24日アーカイブ分)
  3. ^ パーソナル無線申請代行業務終了のお知らせ(情報通信振興会 - 免許申請関係) - ウェイバックマシン(2012年1月20日アーカイブ分)
  4. ^ 法人名変更のお知らせ(情報通信振興会) - ウェイバックマシン(2012年1月20日アーカイブ分)
  5. ^ 新着情報(情報通信振興会) - ウェイバックマシン(2014年5月16日アーカイブ分)
  6. ^ CT分野の主要法令をカバーして、新「情報通信法令wiki」を公開(情報通信振興会) - ウェイバックマシン(2017年2月17日アーカイブ分)
  7. ^ 「電波受験界」休刊のお知らせ(情報通信振興会) - ウェイバックマシン(2019年10月22日アーカイブ分)
  8. ^ 電波受験界ホームページ(情報通信振興会)
  9. ^ おしらせ(情報通信振興会) - ウェイバックマシン(2021年12月23日アーカイブ分)とおしらせ(情報通信振興会) - ウェイバックマシン(2021年12月28日アーカイブ分)の比較により、「ロムカートリッジ書込業務について」が削除された、つまり終了したことがわかる。
  10. ^ 「情報通信法令wikiの掲載を中止」のお知らせ(情報通信振興会 - おしらせ 2022年8月1日) - ウェイバックマシン(2022年8月1日アーカイブ分)

外部リンク編集