メインメニューを開く

情況出版株式会社(じょうきょうしゅっぱん)は、日本出版社

情況出版株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0051
東京都千代田区神田神保町3-11-1
安田神保町マンション502号室
設立 1968年(昭和43年)
業種 情報・通信業
法人番号 6010001096989
事業内容 出版
外部リンク http://situation.main.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

第二次ブント分裂後の「情況派」(共産主義者同盟再建委員会、のちに「遠方から派」と「游撃派」に分裂)を母体としていると言われるが、創設者の東京大学新聞の編集などを経験していた古賀暹によれば、党派とは独立した、ジャーナリズム、「理論誌」として設立された。1968年創刊の『情況』は、廣松渉が当時の金で100万円援助して、創刊されたものだという。創設者の古賀暹によれば、いったん断ったが、廣松が、喫茶店で上半身の服を脱ぎ、さらしから100万円を出し、「男が一度出した金を引っ込めることはできない」と言われたことから、創刊を決意したと言う(荒岱介『破天荒な人々 叛乱世代の証言』(彩流社 2005)古賀暹インタビュー)。1976年の休刊後、1990年に復刊。

歴史編集

  • 1968年、『情況』創刊、1976年に休刊。
  • 1990年、『情況 第2期』刊行開始、2000年終刊。
  • 2000年、『情況 第3期』刊行開始、2011年終刊。この間、2007年に隔月刊となるが、2008年春より月刊に戻る。2010年頃より再び隔月刊となる。
  • 2011年、『情況 第4期』刊行開始、2018年終刊。この間15年5月号より再度月刊となる。2015年12月発売の2016年1月号より隔月刊に戻る。2017年春号より、季刊(1・4・7・10月各15日発行)となる。
  • 2018年、『情況 第5期』7月より刊行開始。

特徴編集

雑誌『情況』を発行。廣松渉の著作を多数発行している。その他『丸山真男を読む』、『アルチュセールを読む』、『デリダを読む』や学習参考書も発行している。

雑誌編集

  • 情況 - 変革のための総合誌。

書籍編集

  • 『さらぎ徳二著作集 第3巻-天皇論/過渡期世界の転換と民族問題 他』(さらぎ徳二著, 発行:緑陽社, 発売:情況出版, 2008年5月刊)ISBN 978-4915252921
  • 『さらぎ徳二著作集 第1巻-ソ同盟と人間疎外/世界暴力革命論 他』(さらぎ徳二著, 発行:緑陽社, 発売:情況出版, 2007年11月刊)ISBN 978-4915252914
  • 『我かく闘えり―破防法闘争三二年』(さらぎ徳二著(2001年11月刊))ISBN 978-4915252587
  • 『結社と技術―長崎浩政治論集』(長崎浩著, 1971年刊)
  • 『廣松渉コレクション 全6巻』

関連人物編集

  • 廣松渉
  • 古賀暹-第1期・第2期「情況」編集長
  • 大下敦史-第3期・第4期「情況」編集長
  • 横山茂彦-第4期・第5期「情況」編集長

外部リンク編集