惟宗直本
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 正六位上主計頭
主君 陽成天皇光孝天皇宇多天皇醍醐天皇
氏族 秦公惟宗朝臣
父母 父:秦富成
兄弟 直宗直本
善経、善貞
テンプレートを表示

惟宗 直本(これむね の なおもと)は、平安時代前期の官人明法家氏姓のち惟宗朝臣惟宗直宗の弟[1][2]

経歴編集

陽成朝元慶元年(877年)兄・惟宗直宗とともに讃岐国香川郡から左京六条に移貫する(当時の官位正七位上弾正少忠)。元慶7年(883年)直宗を始めとして直本自身を含む同族19人が、それまでの秦公姓から惟宗朝臣姓を賜与され改姓した(この時の官位正六位上右衛門少志)。

光孝朝仁和2年(886年右衛門少尉から大尉に昇格する。寛平4-5年(892年-893年)頃に検非違使別当藤原時平からの諮問を受けて、検非違使兼右衛門大尉として『検非違使私記』2巻を撰述[3]醍醐朝にて勘解由次官主計頭を歴任し、明法博士も兼帯している。

人物編集

明法道の権威として、自邸で律令を講ずべき旨の宣旨を受けた。これは、かつて文徳天皇から律令の宗師と称えられた讃岐永直が、その晩年に自邸で律令を講じた先例を襲ったものとされる[4]

著作に『令集解』50巻と『律集解』30巻があり、『二中歴』には十大法律家の一人としてあげられている。

官歴編集

注記のないものは『日本三代実録』による。

系譜編集

※ 系譜は諸書に異同があり明らかではない。以下は『惟宗系図』(東大史料編纂所蔵)による。

  • 父:秦富成
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:惟宗善経
    • 男子:惟宗善貞

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本三代実録』元慶元年12月25日条
  2. ^ 直本と直宗の関係を従兄弟とする系図もある(『惟宗系図』(東大史料編纂所蔵)。
  3. ^ 政事要略
  4. ^ 『世界大百科事典』
  5. ^ 『経俊卿記』康元元年5月条
  6. ^ 『政事要略』巻69
  7. ^ 『兵範記』嘉応元年12月15日条所載の清原頼業勘文
  8. ^ 『玉葉』安元2年9月14日条所載の中原章貞勘文中に引載

参考文献編集