メインメニューを開く

(そう、サンスクリット語: saṃjñāパーリ語: saññā)とは、事物の形象を心の中に思い浮かべること[1]・表象作用[2]を意味する仏教用語。心に像を思い浮かべる作用や、心に浮かぶ像のこと[3]。例えば、眼をつむって「桜」というイメージを思い浮かべること[4]

仏教用語
想, サムジャナ
英語 perception,
cognition,
conceptualization,
distinguishing
パーリ語 saññā, सञ्ञा
サンスクリット語 saṃjñā, संज्ञा
中国語
チベット語 འདུ་ཤེས།
(Wylie: 'du shes;
THL: du shé
)
五蘊(パンチャッカンダ)
パーリ仏典による
 
 
色(ルーパ)
物質的存在
  四大  
 
 
 
 
 
触 (パッサ)
     
 
識(ヴィンニャーナ)
意識
 
 
 
 
 
 


 
 
 
  心所(チェータシカ)
精神的要因
 
 
受(ヴェダナー)
感情
 
 
 
想(サムジャナ)
知覚
 
 
 
行(サンカーラ)
指向作用
 
 
 
 
 出典: MN 109 (Thanissaro, 2001)[信頼性要検証]

五蘊の一要素(三番目(想蘊))[1]で、説一切有部五位七十五法のうち、心所法 - 大地法阿毘達磨倶舎論などに言及)、唯識派法相宗五位百法のうち有為法 - 心所法 - 遍行心所(成唯識論などに言及)の一要素でもある。

出典編集

参考文献編集

  • 中村元 他『岩波仏教辞典』岩波書店、1989年。ISBN 4-00-080072-8
  • 頼富本宏 ; 今井浄圓 ; 那須真裕美『図解雑学 般若心経』ナツメ社、2003年。ISBN 4-8163-3544-7