愚中 周及(ぐちゅう しゅうきゅう、元亨3年(1323年) - 応永16年8月25日1409年10月4日))は、南北朝時代および室町時代臨済宗の僧。美濃国の出身。道号は初め愚庵、後に愚中と改める。周及は諡号は仏徳大通禅師。

愚中周及
元亨3年 - 応永16年8月25日
諡号 仏徳大通禅師
生地 美濃国
没地 丹波国
宗派 臨済宗
寺院 佛通寺天寧寺
即休契了
著作 佛徳大通禅師語録(別名「丱余集」)

生涯編集

元に渡航するまで編集

愚中は7歳で寺に入り、13歳で京都臨川寺夢窓疎石に師事して出家した。その後、夢窓高弟の春屋妙葩等に学ぶ。比叡山においてを受けた。1341年歴応4年)19歳の時、京都の建仁寺に掛錫し高山慈照の上堂説法を聴いて、元朝渡航を決意した。そして天龍寺船に便乗して中国に渡った。

元での修業時代編集

最初は明州寧波市曹源寺月江正印に参じた。月江正印は愚中周及に「愚庵」の道号を与えた。(後年に自身で愚中と改めた。) 次いで江蘇省鎮江市金山寺に到り、即休契了(1269-1351)のもとで修行大悟し、その法を嗣いだ。元で修行すること10年、観応2年/正平6年(1351年)に帰国した。[1]

帰国から天龍寺時代と南禅寺時代まで編集

博多に到着し、前年に帰国して幕府の指示を待っていた、同じく留学僧の龍山徳見(1284-1358)と共に京都へ向かった。そして天龍寺夢窓疎石にその弟子を通じて「法嗣を易えし事」の報告をして了解を得た。既に老齢になっていた師の夢窓疎石は愚中を迎え入れ、掛搭を許した。その時天龍寺に滞在していた元の僧侶、東陵栄よとの通訳に愚中をあてた。そして元の江南から帰国した僧から、師匠の即休契了遷化の訃報を聞いたのである。同じ年には日本での師、夢窓疎石が遷化し、多くの会下の僧が天龍寺を去って行ったが、愚中周及は師の夢窓疎石の恩徳に報いるため、天龍寺の臨川寺に留まった。 正平8年(1353年)、龍山徳見南禅寺の住職となって、愚中周及を書記に請じた。そして龍山徳見の補佐をしたのである。龍山の結制が行われ、愚中が秉払説法をしたとき、師の即休契了から嗣法したことで難を受けたため、遂に五山を去ることとなった。それから以後は、京都の地に足を踏み入れることがなかった。[2]

天寧寺開山、佛通寺開山そして遷化まで編集

その後は都を離れ、各地を山林修行に専念した。そして貞治4年(1365年)には丹波の地頭大中臣宗泰が愚中周及を開山として招いて開いた、丹波国天寧寺で、多くの修行者を指導した。 そして応永2年(1395年)には日本各地を行脚していた。愚中周及が紀伊国和歌山県)の龍門庵から九州に赴く途中、安芸広島県三原市)に立ち寄った時、かねて愚中周及の名声を聞いていた小早川春平(?-1402)の深い帰依を受け、応永4年(1397年)、小早川春平開基、愚中周及開山で、佛通寺を開創した。寺名は愚中周及の中国の師である佛通禅師即休契了)の号をとってその寺号としている。 そして愚中周及の名声は遠く都の将軍にまで伝わり、応永14年(1407年)、足利義持は使者を遣わして周及に法語を求めている。その後それを義持が後小松天皇にその旨を奏したことにより、天皇から南禅寺と並んで紫衣地とする旨の諭旨が、佛通寺に下賜された。応永16年(1409年)8月、天寧寺にて示寂。世寿87。その後仏徳大通禅師と勅諡された。遺骨は天寧寺と佛通寺の両寺に埋葬され塔が建てられている。[3]

著作編集

・佛徳大通禅師語録(別名「丱余集」)

注釈編集

  1. ^ 『禅文化 2018 249号』愚中周及年譜と一笑禅慶・年譜抄 上 衣川賢次著 禅文化研究所発行 2018年7月 pp.127-136
  2. ^ 『禅文化 2018 250号』愚中周及年譜と一笑禅慶・年譜抄 中 衣川賢次著 禅文化研究所発行 2018年10月 pp.80-88
  3. ^ 『臨済宗黄檗宗 宗学概論』臨済宗黄檗宗連合各派合議所 発行 禅文化研究所制作 各本山 佛通寺 pp.453-455

外部リンク編集