メインメニューを開く

愛のうた!』(あいのうた)は、TBS系列「愛の劇場」枠で2007年10月29日〜同年12月28日の毎週月曜日金曜日13:00〜13:30(JST)に放送された昼ドラマ。全45話。

概要編集

挙式前日に夫を失った女性と、夫と前妻との間に生まれた子供たちが、愛情や絆を見出しながら本当の「家族」になってゆく姿を那須高原の大自然の中で描く。『砂時計』のスタッフ・キャストが複数参加している。

なお、雛形あきこと天野浩成は本作での共演が縁となり、2013年3月25日に入籍している[1]


あらすじ編集

亜紀は、婚約者の稲穂から前妻との間に生まれた3人の子供たちを紹介され、初めて対面した。しかし子供たちからは冷たい態度を取られた上、もともと子供や家事が苦手だった亜紀は、突然自分が母親になることに自信をなくしていた。だが、稲穂の励ましに支えられて入籍し、次の日には新居への引っ越しも済ませ、あとは翌日に控えた挙式を待つだけとなった。ところがその夜、稲穂が交通事故でこの世を去り、亜紀は入籍からわずか半日で未亡人となってしまう。しかし生前、稲穂がいつか子供たちを自分の故郷である那須高原に連れて帰りたいと話していたことを思い出した亜紀は、稲穂の死後、親戚や施設に引き取られた3人の子供たちと一緒に暮らすことを決意。そして子供たちとともに那須高原にやってくるが…。

キャスト編集

黒川(保科) 亜紀 - 雛形あきこ
30歳。旅行代理店で主任をしていた。家事も子供も苦手で、感情任せに行動するのが短所。稲穂の死後、子供たちと一緒に暮らすために仕事を辞め、那須高原にやってくる。そして3か月の条件つきで黒川家に暮らしながら、親子4人で自立すべく、新聞配達をはじめ「三匹の猫」や守の牧場を手伝っている。
黒川 楓 - 荒井萌
中学3年生(15歳)の稲穂の長女。クールな性格で亜紀に対して冷たい。絵を描くのが好き。同じアルバイトの慶太と付き合っている。
黒川 紅司 - 泉澤祐希
小学5年生(11歳)の稲穂の長男。勉強とゲームが大好き。ナレーションは当時を回顧した紅司が亡き稲穂に向けて語りかける形となっている。
黒川 花梨 - 三好杏依
小学1年生(7歳)の稲穂の次女。いつも笑顔で亜紀に懐いている。
黒川 稲穂 - 岡田浩暉
38歳。イラストレーターで、前妻との間に生まれた3人の子供と暮らす。亜紀と婚約していたが、挙式前夜に他界。
木村 晃 - 渋江譲二
住み込みで修行している源三の弟子。いつも無口で感情を表に出さない。
蒔田 亮介 - 天野浩成
亜紀の学生時代の同級生で、稲穂の担当編集者。
小峰 直也 - 嶋大輔
那須高原で喫茶店「三匹の猫」のオーナーを務める。稲穂の同級生。
小峰 舞 - 金澤美穂
直也の娘。紅司と同じ年の小学5年生。しっかり者で店の手伝いもしている。
内田 守 - 新妻大蔵
那須高原で牧場を営む。「三匹の猫」の常連。
内田 麻里 - 橘実里
守の妻。初めての出産を控えているが、牧場の仕事もきちんとこなしている。
保科 泰蔵 - 升毅
亜紀の父。
保科 静代 - 岡まゆみ
亜紀の母。
野本 美津代 - 栗田よう子
稲穂の前妻の妹。稲穂の死後、一時紅司を引き取る。
笠松 裕一 - 正城慎太郎
稲穂の前妻の弟。稲穂の死後、一時花梨を引き取る。
黒川 源三 - 左右田一平
稲穂の父で益子焼の職人。頑固な性格で音信不通だった稲穂を許せないでいる。
黒川 千歳 - 大森暁美
稲穂の母で、源三を陰ながら支えている。亜紀と孫たちにとっては厳しくも良き理解者である。
桜井 慶太 - 兼子舜
楓と同じアルバイトをする高校生。那須周辺のリゾート開発を進める会社の社長の息子。
桜井真佐子 - 円城寺あや
慶太の母。
勝 - 小倉史也
那須高原に住む、紅司の同級生。
恵 - 立原麻衣
直也の前妻、突然直也の喫茶店に姿を現す。
宇喜田礼子 - いしのようこ
稲穂の前妻、楓たちの母親。既に再婚しており楓たち兄弟を引き取るが、末期がんに侵されており死亡。
宇喜田 稔 - 石橋保
礼子の夫、礼子の死後、楓たちと正式に養子縁組しようとする。

スタッフ編集

  • 企画 - 橋本孝(TBS)、三島圭太(TBS)
  • 脚本 - 武田有起、山浦雅大
  • 音楽 - 遠藤浩二
  • プロデューサー - 加藤章一
  • 演出 - 加藤章一、田沢幸治、山崎統司、森永恭朗
  • 技術 - 松岡良治
  • カメラ -関毅
  • 照明 - 平岡将仙
  • 映像 - 間瀬拓之
  • 音声 - 小島一宏
  • 音響効果・選曲 - 遠藤浩二
  • 編集 - 紀伊正志
  • タイトルCG - 本田貴雄
  • TM - 平木美和
  • プロデューサー補 - 森嶋正也
  • 演出補 - 湯浅典子
  • 制作担当 - 木口洋介
  • 記録 - 浦川友紀
  • スチール - 井上修二
  • 製作 - TBS、ドリマックス・テレビジョン

主題歌編集

作曲 - 川江美奈子 / 編曲 - 武部聡志 / 作詞・歌 - 一青窈

脚注編集

  1. ^ MSN産経ニュース (2013年3月25日). “雛形あきこさん結婚 俳優の天野浩成さんと”. 2013年3月26日閲覧。

外部リンク編集

TBS 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
家に五女あり
(2007.9.3 - 2007.10.26)
愛のうた!
(2007.10.29 - 2007.12.28)
三代目のヨメ!
(2008.1.7 - 2008.2.29)