愛の7日間(あいのなのかかん、Man, Woman and Child)は、1983年アメリカドラマ映画エリック・シーガルの小説「小さな訪問者」(映画と同名の題で発売されたこともある)を原作としている。

愛の7日間
Man, Woman And Child
監督 ディック・リチャーズ
脚本 エリック・シーガル
デヴィッド・ツェラグ・グッドマン
原作 エリック・シーガル
小さな訪問者
製作 エルモ・ウィリアムス
エリオット・カストナー
製作総指揮 スタンリー・ベック
音楽 ジョルジュ・ドルリュー
撮影 リチャード・H・クライン
配給 パラマウント・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年4月1日
日本の旗 1983年10月1日
上映時間 100分
言語 英語
テンプレートを表示

あらすじ編集

南カリフォルニア大学の教授であるボブは、妻のシーラ、娘のジェシカとポーラの4人で明るい家庭を築いていた。ある日、ボブはフランスに住む旧友のルイから電話を受ける。電話の内容は「ニコルが死んだ。息子を預かっている」というものだった。ニコルとはボブが10年前にフランスで知り合った女医であり、ボブと彼女は一度だけ性交渉を持ったことがあった。息子はボブの子でジャンクロードという名だった。ジャンクロードに会いたくなったボブはシーラと相談し、結果イースターの休みに家に招き入れることにする。

ボブは身分を偽ってジャンクロードと触れ合ううちに愛情を注ぐようになり、その姿を見たシーラは嫉妬の感情を抱く。ある時、シーラは仕事仲間のウィルソンにバーで酒を飲もうと誘われる。悩んだ彼女はマーゴの家へ行くが、その日ボブと子供らは家でディナーを作ってシーラを待っていた。シーラにかけた電話を切られたことに腹を立てたボブはマーゴの家へ向かい、夫婦喧嘩をしてしまう。

また、ジェシカとポーラの友人だったディヴィが、二人にジャンクロードがボブの子であることを話してしまい、二人は家でジャンクロードを責めてしまう。ショックで家を飛び出すジャンクロード。ボブは彼の後を追いかけ、真相を話す。ジャンクロードはボブが自分の父で嬉しいと話す。

ジャンクロードが家を出るというので、ボブは最後に浜辺でジャンクロードと遊び、時を慈しむ。そして空港で父子が別れの時を惜しんでいると、シーラと娘二人がやってくる。二人はジャンクロードにした行いを謝り、和解した。そして家族はジャンクロードとの再会を誓い彼を見送る。

そして夕暮れ、ボブは息子と一時を過ごしたあの浜辺を歩くのだった。

キャスト編集

カッコ内は日本語吹替版声優(初回放送1990年6月9日 テレビ朝日ウィークエンドシアター」)

外部リンク編集