愛は面影の中に」(あいはおもかげのなかに、The First Time Ever I Saw Your Face)は、英国のシンガーソングライター、イーワン・マッコールが作詞作曲した楽曲。1960年代に数々のフォーク・グループに歌われたあと、ロバータ・フラックが1972年にシングルカットしたバージョンが大ヒットした(同年のビルボード年間チャートの1位を記録)。

愛は面影の中に
ロバータ・フラックシングル
初出アルバム『First Take
B面 トレイド・ウィンド
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ニューヨーク、アトランティック・スタジオ(1969年2月24日 - 26日)
ジャンル ソウル
時間
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 イーワン・マッコール
プロデュース ジョエル・ドーン
チャート最高順位
ロバータ・フラック シングル 年表
ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ
(1971年12月)
愛は面影の中に
(1972年1月)
恋人は何処に
(1972年4月)
テンプレートを表示

沿革編集

曲が書かれたのは1957年。経緯には二つの説がある。英国のシンガーソングライター、イーワン・マッコールによれば、当時恋人だったアメリカのフォーク・シンガーのペギー・シーガー(ピート・シーガーの異母妹)に頼まれ本作品を書き、電話で曲をシーガーに伝えたという[2]。シーガーの記憶では、マッコールは二人が離ればなれにある間、書いた曲をテープに吹き込んでせっせと彼女に送っており、本作品もその中の一つだという[3]

シーガーのバージョンは1962年のアルバム『The New Briton Gazette Volume 2』に収録されている。前述のように60年代、多くのフォーク・グループにカバーされた。タイトルは「The First Time」「The First Time Ever」など一定でなかった。

ロバータ・フラックのバージョン編集

ロバータ・フラックはジョー&エディーのバージョン(1963年のアルバム『Coast to Coast』に収録)で本作品を知った[4]。フラックはワシントンD.C.にあるバネカー高校で音楽教師としてグリークラブの指導しているとき、女子生徒らに本作品を教え、自身もペンシルベニア大通りのクラブ「ミスター・ヘンリーズ」に雇われていたときに歌った。1968年のことであった。

やがてフラックはアトランティック・レコードと契約し、デビュー・アルバムの制作のために1969年2月24日から26日にかけて、ニューヨークのアトランティック・スタジオでレコーディングに入った。この時録音されたバージョンは5分22秒と長く、一度プロデューサーのジョエル・ドーンから再録音を提案される。理にかなった提案だったが、フラックは作り直すことを結局断った。同年6月20日発売のアルバム『First Take』に収録される。

1971年のある日、バージニア州アレクサンドリアの彼女の自宅に突然、クリント・イーストウッドから電話がかかる。イーストウッドはロサンゼルスフリーウェイで車を運転中、ラジオでフラックの歌う「愛は面影の中に」を聴いたと言い、「今度自分が監督する映画にあなたの曲を使いたいんです。主人公はディスクジョッキーで、音楽がたくさん流れて・・・映画の中で唯一、紛れもない愛を描いた部分があるのですが、その場面でこの曲を使おうと思っています」と言った。フラックが了承すると、話題はお金の話に移った(イーストウッドは2000ドルの使用料を払った[5])。「ほかに何かありますか?」とイーストウッドが尋ねると、フラックは「使うのならもう一度やり直したいのだけれど。あれはテンポが遅すぎるので」と言った。イーストウッドは簡単に答えた。「いや、そんなことはない」[6]

イーストウッドの初監督映画『恐怖のメロディ』は同年11月12日に公開され、「愛は面影の中に」は主演のイーストウッドと恋人役のドナ・ミルズが林の中や滝壺で愛し合う、イメージビデオ風のシーンで使われた。

アトランティック・レコードは1972年1月24日、1分ほど縮めたバージョンをシングルA面として発売した。B面にはアルバム未収録の「トレイド・ウィンド(Trade Winds)」が選ばれた。同年4月15日から5月20日にかけて6週連続でビルボードHot 100の1位を記録し、イージーリスニング・チャートでも1位を記録。そしてついに1972年のビルボード年間チャートの1位を獲得し、第15回グラミー賞の最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞をともに受賞した。

その他のカバー・バージョン編集

アーティスト名 レコード・CD
1962年 キングストン・トリオ 『New Frontier』
1963年 ジョー&エディー 『Coast to Coast』
1964年 ザ・ハイウェイメン 『One More Time!』
1965年 ピーター・ポール&マリー See What Tomorrow Brings
1966年 マリアンヌ・フェイスフル North Country Maid
1966年 バート・ヤンシュ 自画像
1967年 ウィ・ファイヴ 『Make Someone Happy』
1967年 ブラザース・フォア 『A New World's Record』
1969年 ナナ・ムスクーリ 『Dans le soleil et dans le vent』。フランス語詞。
1972年 アンディ・ウィリアムス アローン・アゲイン
1972年 エルヴィス・プレスリー シングル「An American Trilogy」のB面
1972年 ボビー・ヴィントン 『Sealed With a Kiss』
1972年 アニタ・ブライアント 『Naturally』
1972年 ティミー・トーマス 『Why Can't We Live Together』
1972年 ヴィッキー・カー The First Time Ever (I Saw Your Face)
1973年 バート・ヤンシュ ムーンシャイン』。メリー・ホプキンとのデュエット。
1973年 アイザック・ヘイズ Live at the Sahara Tahoe
1973年 クインシー・ジョーンズ You've Got It Bad Girl
1974年 マーシャ・グリフィス 『Play Me Sweet and Nice』
1999年 セリーヌ・ディオン ザ・ベリー・ベスト
1999年 ジョージ・マイケル ソングス・フロム・ザ・ラスト・センチュリー
2005年 Fayray COVERS
2011年 アルフィー・ボー アルフィー
2020年 ジェイムス・ブレイク カバーシングル

脚注編集

  1. ^ a b 45cat - Roberta Flack - The First Time Ever I Saw Your Face / Trade Winds - Atlantic - USA - 45-2864
  2. ^ Quarrington, Paul; Doyle, Roddy (2010). Cigar Box Banjo. Greystone Books. p. 89. ISBN 9781553656296. https://books.google.com/books?id=YQQHd9sLULUC&pg=PA89&dq=peggy+seeger+the+first+time+ever+i+saw+your+face#v=onepage&q=peggy%20seeger%20the%20first%20time%20ever%20i%20saw%20your%20face&f=false 2011年8月21日閲覧。 
  3. ^ Picardie, Justine (1995). “The first time ever I saw your face”. In De Lisle, Tim. Lives of the great songs. London: Penguin. pp. 122–26. ISBN 978-0-14024957-6 
  4. ^ "The First Time Ever I Saw Your Face" - Roberta Flack”. Superseventies.com. 2019年1月8日閲覧。
  5. ^ McGilligan, Patrick (1999). Clint: The Life and Legend. Harpercollins Pub Ltd. p. 194. ISBN 0-00-255528-X 
  6. ^ de Yampert, Rick (2012年1月20日). “Roberta Flack serenades Daytona”. GateHouse Media. 2018年9月10日閲覧。

関連項目編集

先代:
アメリカ
「名前のない馬」
Billboard Hot 100 ナンバーワン・シングル
1972年4月15日 - 5月20日(6週)
次代:
シャイ・ライツ
「オー・ガール」